“いま最も注目されるガールズグループ”といわれる『NiziU』

写真拡大

 いま、日本は「第4次韓流ブーム」に沸いている。火付け役となったのがドラマ『愛の不時着』と『梨泰院(イテウォン)クラス』で、ブームの決定打になったのがK-POPアイドルのオーディションに密着した『Nizi Project』といわれる。新型コロナウイルス感染拡大によって外出を制限され、テレビはもちろん、NetflixやYouTubeなどの動画配信サービスを見る時間が増えたことが追い風となった。

【写真】懐かしい?微笑みの貴公子、ペ・ヨンジュン

「韓流のことはよくわからない」という人でも、約15年前に社会現象を巻き起こした「ヨン様ブーム」は覚えているだろう。“微笑みの貴公子”が“おばさま”たちのハートを鷲掴みにしたあの当時が「第1次韓流ブーム」と呼ばれ、衰退と新たなスターの登場を繰り返しながら韓流ブームは形を変えてきた。

「スポーツソウル」日本版編集長を務める慎武宏さんは言う。

「最初に『冬のソナタ』でぺ・ヨンジュンがブレークしたとき、ちょうど日本では多摩川(東京)に出現したアザラシのタマちゃんが流行っていた。ぼくは正直、韓流ブームもタマちゃんのように一過性で終わると思っていましたが、続いて『宮廷女官チャングムの誓い』などのドラマが人気になって、東方神起などのアイドルグループも登場した。2012年に李明博大統領(当時)が竹島に上陸する騒動が起こると、一気に『嫌韓』が台頭しブームが冷え込みましたが、結局、見事にV字回復したことに驚きを隠せません」

 ヨン様ブームの時代から韓流を追いかけ続ける「韓国ウオッチャー」の児玉愛子さんは、この十数年で韓流ファンを取り巻く環境は大きく変わったと話す。

「『冬ソナ』時代は情報を集めるために韓流雑誌を買っていましたが、インターネットやSNSの普及で新しい情報を手軽に集めることができるようになりました。レンタルショップにDVDを借りに行かなくても配信サイトで気軽に楽しめますし、幅広い年齢の人がコンテンツに触れられるように変化を遂げました」

 かつては“おばさま”たちのものだった韓流は、ブームを繰り返すごとに新たな世代のファンを獲得していく。ドラマ『美男≪イケメン≫ですね』は10〜20代に人気を博し、主演のチャン・グンソクのブレークとともに「第2次ブーム(2010〜2011年頃)」が到来。東京・新大久保のコリアンタウンが韓流ファンの「聖地」と化し、「グンちゃんグッズ」が飛ぶように売れた。東方神起や少女時代、KARAなどの活躍もあり、休日には3万人以上の韓流ファンが殺到。地価は2倍以上に跳ね上がった。

 日本のテレビ局も過熱する韓流ブームを見過ごさず、フジテレビでは「韓流α」という韓国ドラマ枠もできたが、その状況に対し日本の若手俳優が《8(チャンネル)は今マジで見ない》と批判ツイートをしたことを機に、フジテレビ前で嫌韓デモも起きた。

 2014年には新大久保の客足が全盛期の4分の1まで減少。一方、若者世代の韓国カルチャーへの関心は高まり続け、韓国語で「美少女」を意味する「オルチャン」スタイルが大流行した。日韓国交正常化50周年を迎えた2015年からの「第3次ブーム」も、若者がBTSやTWICEを支持したことが発端になった。芸能界きっての韓国エンタメオタクであるお笑いコンビ・スクールゾーンの橋本稜はこう話す。

「第3次ブーム以降は芸能だけでなく、食べ物や化粧品などさまざまなジャンルにブームが波及しました。新大久保でお気に入りの韓国料理店を見つけて、いつか韓国の本店へ行こうと胸を躍らせる人が増えたんです」

 BTSの世界的活躍とともに加速した第3次ブームは、コロナ禍によって「第4次」へと移行する。

※女性セブン2020年8月20・27日号