レバノン首都ベイルートの爆発現場で、生存者の捜索に当たるロシアの救助隊(2020年8月7日撮影)。(c)JOSEPH EID / AFP

写真拡大

【AFP=時事】(更新)レバノンのミシェル・アウン(Michel Aoun)大統領は7日、4日に首都ベイルートの港湾地区で発生し、150人以上が死亡した大規模爆発の原因について、過失またはミサイル攻撃によるものとの見方を示した。また、要求が広がっている国際調査は拒否する構えを見せた。

 アウン大統領はテレビ放送されたインタビューで、爆発の原因は「過失か、あるいはミサイルまたは爆弾による外国の介入」である可能性があると述べた。

 レバノン当局者が、攻撃の可能性に言及したのはこれが初めて。

 当局は先に、港で火災があり、倉庫に長年保管されていた大量の硝酸アンモニウムに引火したと説明していた。

 レバノン国民や外国首脳らは、公平を期するため国際調査を求めているが、アウン大統領はこれを拒否。

 同じインタビューで記者から、国際調査により真実が隠蔽(いんぺい)されると思うかとの質問を受けた大統領は、「もちろんだ」と回答。

 その直後に大統領は、「国際調査の要求の裏にある目的は、事実を希薄化することにある」とツイッター(Twitter)に投稿し、自身の見解をさらに明確にした。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ベイルート爆発で穀物用サイロ崩壊 パン不足の懸念
ベイルート爆発の発端は「疑惑の貨物」 古びた倉庫に6年間放置
【写真特集】レバノン首都の大規模爆発