Microsoftは8月3日(米国時間)、Microsoft 365の公式ブログのエントリ「Take your communications to the next level with new offerings in Microsoft Teams - Microsoft 365 Blog」において、Microsoft Teamsにおいてより高度なコミュニケーションを可能にする新プラン「Advanced Communications」を発表した。この新プランは今週から利用可能で、60日間無料トライアルも提供されるという。

Microsoft Corporation

Advanced Communicationsプランは、Microsoft 365またはOffice 365の有料サブスクリプションに追加できる拡張プランとなっている。このプランに加入した場合、Teamsにおける会議の参加人数を最大2万人にまで増やすことができる。ただし、インタラクティブに参加できる会議の場合の参加人数は最大で1000人に制限され、1000人を超えた場合はシームレスに「View Only」(視聴のみ)のモードに切り替わるという。

また、この新プランではより強化された管理機能も提供されるという。その1つとして、今後数カ月以内に、会議に企業のブランディングを追加できる「ブランドミーティングロビー機能がリリースされる予定となっている。ビジネスアプリケーションと連携したワークフロー管理などの機能も追加されるとのことだ。

ブログでは、従業員や顧客が1対1で接続できるクラウドベースの電話システム「Teams Calling」や、先日発表されたTeams搭載デバイス「Microsoft Teams Display」についても紹介されている。また「Skype for Business」に対応したサードパーティ製のIP電話について、2023年以降もTeamsに移行して引き続き使用できる拡張サポートも発表されている。