7日午後3時の天気図と衛星画像。

写真拡大

環境省と気象庁は、神奈川県や千葉県で、8日(土)に危険な暑さが予想されることから、熱中症警戒アラートを発表しました。

これは、熱中症の発生との関連性が高い暑さ指数(WBGT)を用いたものです。アラートは関東甲信の1都8県で試行導入されていますが、試行対象となっていない東海や西日本各地でも暑さは続きますので、熱中症対策をしっかりとなさって下さい。

一方、北海道では大雨のピークは過ぎたものの、8日にかけて暴風た高波のおそれがあり、東北では、9日(日)にかけて土砂災害に警戒が必要です。

また、沖縄では、フィリピンの東海上に発生した熱帯低気圧の動向に注意が必要です。

(気象予報士・崎濱 綾子)