「喫煙」による金銭と時間の浪費について

写真拡大 (全3枚)

禁煙に向けた自助と公助

東京都受動喫煙防止条例に対応した、喫煙専用室等に掲示する標識
東京都福祉保健局「健康ステーション」ホームページを参考に改変

 健康格差が生まれる要因は主に4つあります。1.所得 2.雇用形態 3.家族構成 4.地域です。特に男性の死亡率は高所得者よりも低所得者の方が3倍高い。肥満者の割合が高かったり、野菜摂取量が少ない傾向が見られます。それと喫煙率が高いことも確認できるのです。(※1)

健康を維持するために早期発見・早期治療が大切で、健診(検診)を受けることも勧められています。ところが厚生労働省の2018年国民健康・栄養調査によると、健診を受けていない人の割合も低所得者層で高いことが分かりました。(※2)


経済的に余裕がないから気持ちにもゆとりがない。閉塞感も重なって、手持ち無沙汰からたばこに手を伸ばしてしまうのでしょうか?

たばこにお金を費やして不健康になるなんて、不憫でなりませんよね。そこで各人の身の上に合った自助によって、健康的な毎日を過ごしたいものです。たばこを吸うことは生きていくための理財にたけた手段では絶対にないのです。

たばことさよならするために、日常生活の行動パターンをちょっと変えてみたら如何でしょうか?

例えば、昼休みのスモーキングタイムを、今より遠い喫煙所に行くようにする。もう灰皿が置いていないコンビニも多くなってきました。

ちょっとした工夫で自分に運動負荷を掛けることもできます。普通に歩いている時の歩幅を7cm広くしてみたり、電車やバスのつり革の取っ手を握り潰すつもりでギュッと6秒間思いっきり握ってみるとか・・・。(※3)

少し話しは逸れますが、むかしよく見ていたスポコン漫画。プロ野球選手は弛まぬ努力をしていて、移動中のバスの中で、座ることなくつま先立ちしている。それを見た主人公が驚愕していたシーンを思い出します。(果たして現代スポーツのトレーニング方法として効果があるかは疑問ですが)

・今すぐ読みたい→
あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト https://cocokara-next.com/fitness/lung-function-01/

また、もともとダラダラ歩くのが性に合わないのか、私は早歩きなのです。前を行く人の「歩きスマホ」で歩調を乱されるのはイライラしてしまいます。ほぼ同じ年齢の同性と比べて、歩く速度が遅くなるのはフレイルの目安になる(※4)ので、みなさんも意識して早く歩いてみては如何でしょうか?

そのためにも歩幅を7cm広くしてみるとよいですよ。穿くだけで歩幅が広がったりして、歩行機能を改善してくれる紙おむつも開発されたようです。(※5)


WHO(世界保健機関)とIOC(国際オリンピック委員会)は「健康的なライフスタイルに関する合意文書」に調印しています。更に日本はWHOのたばこ規制枠組条約を受諾し、既に2005年に発効を迎えているのです。(※6)

ようやく一昨年4月1日から「東京都受動喫煙防止条例」の全面施行を迎えましたね。喫煙可否の状況が分かる標識が、飲食店や喫煙設備のある施設等の入り口に掲載されます。出先で落ち合った人とカフェを探すのですが、ようやく見付けて自動ドアが開いた途端、たばこのにおいでげんなりすることがよくあります。再三居心地のよいお店を探し回ります。これもたばこによる時間の浪費ですね。ようやく副流煙を気にすることなく、ビジネスの打ち合わせなどに集中できる場所が一目で分かるようになります。

矛盾が見え隠れしているたばこの利権などを吹き飛ばして、単純明快に健康格差のない社会になればよいと思っています。

【参考】
(※1)健康マスター普及認定講師更新eラーニング講座
(※2)2020年1月15日読売新聞 社会面
(※3)2020年1月12日 日本成人病(生活習慣病)学会市民公開講座 生涯スポーツで健康寿命をのばす!上智大学名誉教授 師岡文男
(※4)日本健康マスター検定公式テキスト 増補改訂版 簡単なフレイルチェック
(※5)2020年1月17日信濃毎日新聞 経済面
(※6)松沢成文著 JT、財務省、たばこ利権

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト https://cocokara-next.com/fitness/lung-function-01/

株式会社SOily 代表取締役 岡本 頼幸

幼少時代から生命の不思議に取り付かれてきました。
生体の分化発生の不思議を研究 〜 免疫検査を通しての患者様への想い 〜 医療・健康機器のユーザー様から頂いた奉仕の心・・・。
これらのことから医療・健康の大切さを、長年にわたって実感して参りました。
今、予防医療というポピュレーションストラテジーが重要になっています。
更に「競技スポーツ」に「健康スポーツ」という親しみ易い概念も取り入れようとしています。
みなさまが人生の目的を達成するために大切な、「健康」についてのトレヴィアをお届けしたいと思っています。
みなさまの目となり耳となりそして足となって得た豆知識を、私の経験を交えてできるだけ分かり易くお伝えできれば幸いです。