米SNS大手フェイスブックのロゴと人影(2020年2月14日撮影)。(c)Kenzo TRIBOUILLARD / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米SNS大手フェイスブック(Facebook)は6日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を支持する米国人グループを装って米大統領選の選挙運動を展開していたルーマニア拠点のアカウントを複数、閉鎖したと発表した。

 同社サイバーセキュリティー対策部門責任者のナサニエル・グライシャー(Nathaniel Gleicher)氏によると、「組織的な偽情報の拡散」を阻止する取り組みの一環で、フェイスブックのアカウント35個とページ3件、インスタグラム(Instagram)のアカウント88個を閉鎖したという。

「このネットワークの背後にいる者たちは、偽アカウントを使って米国人を装い、独自のコンテンツを増幅・解説したり、トランプ大統領の応援サイトを装ったページを管理したりしていた」と同氏は述べている。

 また、このネットワークは11月の米大統領選に絡み、トランプ氏の選挙運動や保守的なイデオロギー、キリスト教的信条、陰謀論を唱える極右団体「Qアノン(QAnon)」などについて投稿していたという。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
トランプ氏に対する陰謀論唱える「Qアノン」、米保守主流にも進出
ツイッター、「政府系」メディアコンテンツ拡散を抑制 新方針発表
米国務省、外国の大統領選介入阻止へ報奨金10億円 情報提供呼び掛け