大爆発があったレバノン首都ベイルートの被害の様子(2020年8月5日撮影)。(c)JOSEPH EID / AFP

写真拡大

【AFP=時事】レバノンの首都ベイルートで4日に発生した大規模爆発で、ドイツの外交官が死亡した。独外相が6日発表し、弔意を表した。この爆発により、ドイツ人の死亡が確認されたのは初めて。

 ハイコ・マース(Heiko Maas)外相は、この女性外交官はベイルートの自宅で犠牲になったと明かし、「外務省の全員が、亡くなった同僚に深い哀悼の意を示している」と述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ベイルート爆発の発端は「疑惑の貨物」 古びた倉庫に6年間放置
レバノン爆発、死者137人に 経済危機に続く惨事に国民怒り
野戦病院と化した医療現場 医師「終末戦争そのもの」 レバノン大爆発