iPhoneで瞬時にメモりたい! ロック解除なしでメモを開く便利ワザ

写真拡大 (全6枚)

外出先で急に思いついてメモを取りたい場合には、iPhoneのメモアプリが便利だ。
スマートフォンさえあればペンも紙のメモも必要ない。

ただ、いざメモを取ろうとしても、まずはロックを解除してメモを起動して……
これでは、操作している間にメモしたい内容を忘れてしまう。
そんな本末転倒なことにもなってしまう。

そこで、ロック画面からメモ帳を一発で開くワザを紹介しよう。


●コントロールセンターにメモを登録する
画面を下からスワイプすると表示されるのが「コントロールセンター」だ。
Wi-Fiの一時的なオン/オフ、画面の明るさの調整など、素早く操作できるので、利用している人も多い。

まずはここにメモを登録するのだ。

「設定」を開き、「コントロールセンター」をタップ、「コントロールをカスタマイズ」をタップする。




「コントロールを追加」で「メモ」の「+」をタップする。




コントロールセンターを開くと、メモのアイコンが追加されている。




これでコントロールセンターの登録は完了だ。
以後、コントロールセンターのアイコンをタップするとメモが起動する。

ただ、これだけでは、ロック画面からいきなりメモを開くことはできない。

では、どうすればロック画面から利用できるのか?


●ロック画面からメモを起動できるようにする
ロック画面からメモを起動するには、メモの設定をする必要がある。

「設定」で今度は「メモ」をタップしよう。
「ロック画面からメモにアクセス」をタップする。




「常に新規メモを作成」を選択しよう。




これで設定は全て完了だ。

これで以後は、ロック画面でコントロールセンターを表示し、メモのアイコンをタップするだけでメモを開くことができるようになる。