スペイン1部リーグ、レアル・マドリードのギャレス・ベイル(2020年7月16日撮影)。(c)GABRIEL BOUYS / AFP

写真拡大

【AFP=時事】スペイン1部リーグのレアル・マドリード(Real Madrid)は5日、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)のマンチェスター・シティ(Manchester City)戦に向けた招集選手を発表。ギャレス・ベイル(Gareth Bale)はメンバー外となった。

 レアルは本拠地で行われた決勝トーナメント1回戦第1戦を1-2で落としており、7日の第2戦で逆転での8強入りを目指している。

 ジネディーヌ・ジダン(Zinedine Zidane)監督が発表したメンバー24人の中に出場停止のセルヒオ・ラモス(Sergio Ramos)の名前があった一方、今季ほとんど出番のなかった31歳のベイルはリストから外れた。

 レアルはスペイン1部で優勝を果たしたが、ベイルはリーグ戦再開後の11試合で2試合の出場にとどまり、先発したのは再開後の初戦のみだった。

 ベイルはリーグ優勝決定後、ジダン監督と歓喜に沸くチームと距離を置いている写真が撮られており、その前のアラベス(Alaves)戦では試合中にベンチで寝ているふりをして波紋を呼んだ。

 ベイルをシティ戦から除外したジダン監督の決定は、指揮官がこの夏に年俸1800万ユーロ(約23億円)のウェールズ代表を放出したいと考えていることを示しているが、関心を持つクラブはあるものの金銭面が壁になる可能性が高く、ベイルとその代理人も2022年に切れる契約を全うする意向を強調している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
GKカシージャスが引退表明 スペイン代表、レアルのレジェンド
レアルFWマリアーノが新型コロナ陽性 健康状態は「完全」
ベイルのプレミア復帰、可能性低いと代理人「彼はレアルで満足」