胸の谷間がぷ〜んと汗くさい!胸汗ケアの制汗剤、専門家のおすすめは?
 暑くなってくると気になるのが、自分の汗やニオイです。
 ワキ汗をケアする人は多いですが、実は忘れがちなのが「胸汗」だそう。たしかに、胸の谷間は汗をかきやすいうえに、ニオイがこもりやすいですよね。

◆汗を放置するときついニオイに変化する?

「胸汗」をかきやすい女性は、自分のニオイがストレスとなり、さらに発汗することがあるので要注意。「胸が汗でベタベタして、なんだかクサい!」なんてことにならないように、しっかりとした対策をとる必要がありそうです。

「汗はもともとニオイが強いものではありません。ただ、汗が皮膚にある皮脂やアカなどと混ざると、細菌がニオイ物質を作り出します」

 こう解説するのは、ニオイ研究の第一人者で、体臭・多汗治療が専門の五味常明医師。もともと汗はくさいものではないのに、汗をかいたまま放置することで、皮膚の常在菌が汗や皮脂などを分解し、きついニオイが発生するのだそうです。

◆ブラジャーで、汗が胸に溜まりやすい

 さらに、「汗の種類によっても、ニオイが変化します」と五味先生。更年期によく見られる症状であるホットフラッシュ(更年期多汗症)のときのように、一気にどっとかく汗や、ストレスを感じているときにかく汗は、きついニオイに変化しやすいのだとか。

「育児や家事、そして仕事など、気付かぬうちにストレスをためている女性こそ、正しい汗ケアが必要。『自分の汗のニオイが人に迷惑をかけているのでは?』と思えば思うほどに気になります。特に女性特有の現象として、ブラジャーをしている関係もあり、汗が胸の間や下部に溜まりやすいということが言えます。胸の汗は、鼻に近く、その自分のニオイがストレスを呼び、さらに発汗につながることがあります」

 私はあまり汗をかかない体質なのですが、それでも暑い日などには、胸の谷間に汗が溜まっていることがあります。これまで「胸汗が臭い!」と感じたことはないのですが、ちゃんとケアしなければ、いつか嫌〜なニオイが自分から漂ってくるかもしれないわけですね……ぎゃーコワすぎる!

◆ミョウバン入りの制汗剤でニオイをケア

 では、何か良い対処法はないものでしょうか?

 五味先生によると、「汗のニオイは、ミョウバン入りの制汗デオドラントを使って、汗や雑菌を抑え、ニオイを中和することによって防ぐことができる」とのこと。

 多種多様な制汗剤がありますが、どれでも効くってわけではなさそうですね……。

 五味先生は、「ミョウバン入りの制汗デオドラントには、ヾ世鰺泙┐襦↓肌を弱酸性に保ち雑菌の繁殖を防ぐ、アルカリ性のニオイ成分を中和する、という3つの効果があります」とその効果を説明したうえで、「ケアをしている安心感をもつことが重要」とアドバイスしています。

◆「パウダーを胸や首筋につけて」皮膚科医が提言

 汗ばむ季節になると、ワキや足の制汗剤を使う人も多いと思います。それと同じように、胸汗対策の必要性を提唱しているのが、済生会川口総合病院の皮膚科医・高山かおる先生です。

 接触性皮膚炎などを専門にする高山先生は、「胸の汗対策としては、.爛譴鰺泙┐襪燭瓩法通気性がよくベタつきの少ない素材の下着を身につける 急に暑くなったりほてったりするときに対応できるよう、カーディガンなど温度調節がしやすい服装選びをする 室温などをマメに調整するなどがポイント」と提言。そのうえで、デオドラント成分が配合されたボディパウダーの使用をすすめています。

「朝、下着をつける前にデオドラントパウダーを胸や首筋に使用すると、防臭成分が肌に密着します。すると、汗のニオイやベタつきが抑えられて、一日中さらさら感が続き、快適に過ごせます。パウダータイプは、肌の敏感な方にもやさしくお使い頂けます」