当てはまってない?ひっそり「痛い女認定」されている女性の特徴

写真拡大



自分が良かれと思ってやっていることでも、周りから実は「痛い女」と思われているかも?

そんな女性の特徴を4つ紹介します!

「当てはまっているかも...」と少しでも思ったら、この機会にぜひ自分を見つめ直してみてくださいね!

■自己評価が高すぎる系女子

お店のアルバイトの子の容姿に関して、あれこれ指摘している友人がいたのですが、

隣のテーブルの知らない男子に「おい!お前自分の顔見てから言えよ。きもちわるい」と言われていました。

彼女は泣き出したのですが、私も同感だったので慰めることもなくそのまま解散となりました。(20代/女性)

ポジティブなのはとっても良いことですが、自己評価が高すぎるのはあまり良い印象を持たれません。

例えば、SNSにやたらと自撮りをアップしていたり、他の女性の外見に関することを指摘するなど上から目線になりがちなんだとか。

「あの子は太ってるね」「あの服ダサすぎ〜」と言った

周りの女性の評価を下げようと過剰に発言する傾向があるため、女性ウケはもちろん、男性からも「性格が悪い」と思われるでしょう。

周りを下げるより、自分を高めていきましょうね!

■行きすぎたスピリチュアル系女子

「やっぱり私が願ったから引き寄せたんだ!」とか「満月だからパソコンの調子が悪いのかな?」などあらゆる事象を引き寄せの法則にこじつけていて頻繁に口にします。

スピリチュアル系の友達とばかりつるむので余計にスピリチュアルにのめり込み、周りの人から信用されなくなっていました。(30代/女性)

星座占いなどの楽しめる占いやおまじないなどは良いですが、

いきすぎた占いや引き寄せの法則などといったスピリチュアルな趣味は「痛い女性」と思われがちです。

また、自分の信念に基づいて行動できないことで幼くて未熟といった印象をもたれることも。

恋愛や仕事といった普通の会話ができないことで、職場の人や友人も困っているかもしれませんよ。

■自称サバサバ女子

「ほら、私って男っぽい性格だから女として見てもらえないんだよね〜サバサバしてるじゃん?

だから女性特有のネチネチした関係性とか意味わからないんだよね。ああいうの見ると無理無理!ってなっちゃう。そのせいで男友達の方が多いんだよ」

といろんな人の恋愛相談に無理に乗ろうとしたり、下ネタの会話にも普通に入ってくるサバサバアピールが強い女性がいました。ちょっと痛い気がしますね。(30代/女性)

男っぽくてサバサバしてるって自分でアピールしている女性は、実はそんなに男っぽくなくて、サバサバした性格とは程遠い女性のケースが多いです。

男友達の方が多いアピールは、「同性の友達ができない」と疑念を持たれて逆に男性ウケしないんだとか。

もしサバサバアピールしているなら、いますぐやめておきましょう。

■男女で態度急変女子

合コンや初対面の男性と合うような場面で、女子同士では普通のトーン(地声)で話していたのに、

男性と対面した瞬間急に声のトーンが高くなり、かつ甘ったるいしゃべりかたをし始める女性がいました。アレは痛いと感じました。(20代/女性)

態度を変える女性は意識が高い傾向にあるので、第一印象はよくみられるでしょう。

しかし、ある程度なれた関係性の女性にはワガママになることも。

男性と女性で態度が違う様子が激しいほど、周りから信頼されなくなってしまいますよ。

男性女性で態度を変えず、接するのが一番良いでしょう。



(ハウコレ編集部)