バイきんぐ・小峠英二

写真拡大

 8月4日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、「アイツ、この仕事NGだってよ!!」が放送された。この企画は、マネージャーとの打ち合わせ場面を隠し撮りし、NG仕事を探るもの。「どうしてもできないか」といったマネージャーの食い下がりから、ギリギリの基準も探る。

 ​>>ロンブー亮の元マネージャー、意外な一面を暴露「淳より亮の方が頑固」話をまとめるための対策は<<​​​

 体を張ることで知られるバイきんぐの小峠英二はヘビが苦手。特に「ヘビに噛まれる仕事」はNGにしている。さらに、相方の西村瑞樹との2人での「街ブラロケもNG」だという。その理由をスタジオで問われた小峠は「何度かあるんです。やったことが。西村ってボケですけどボケないんです。俺もツッコミだから、何かボケが生まれないと(突っ込めない)」と苦悩を告白。しかし、小峠がボケても西村がスルーしてしまうため、「ただの禿げたおじさん2人が街をぶらぶらしてるだけ」の状態になってしまい、ロケとの相性が悪く、お互い損をしてしまうためNGにしているという。これには、ネット上で「やはりポジションって大事なんだな」「おじさん2人の街ブラ見てみたい」といった声が聞かれた。

 これに「わかるわ」と強い共感を示したのは、ロンドンブーツ1号2号の田村淳だった。淳は「俺はすごく共感してる。亮さん大好きなんだけどツッコんでくれない。かといってボケてくれない。めちゃめちゃわかるよ」と話した。ロンブーの本来のポジションは淳がボケに対し、亮がツッコミだったが、うまくいかないようだ。さらに、淳は「そういう人はキャンプとか釣りが得意なの」と話すと、小峠も「自然を愛している人に多い」と共感していた。これには、ネット上で「この指摘は鋭い」「ヒロシとかまさにそうだな」といった声が聞かれた。

 亮は自分のポジションを「何をしているかといえば佇んでる」と堂々と答え、アンタッチャブルの山崎弘也から「佇み系YouTuber」とツッコまれていた。

 この日の放送では、FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史が、不仲のバッファーロー吾郎Aとの仲直り企画を打診されるも、以前千原ジュニアの番組で同様の企画をやろうとしたところ、向こうに断られた裏話を披露。今回も断られたらイヤだからと、自ら辞退する場面も見られ、リアルな裏側が覗ける放送となった。