大爆発があったレバノン首都ベイルートの港湾地区の被害の様子(2020年8月5日撮影)。(c)AFP

写真拡大

【AFP=時事】レバノンの首都ベイルートで4日に発生した大規模爆発により、最大30万人が家を失い、都市の半分に及んだ被害の総額は推定約3000億円超に上ると、知事が5日、AFPに明らかにした。

 マルワン・アブド(Marwan Aboud)知事は「現在家を失った人は25万〜30万人いると思う」と述べ、爆発による被害総額は30億〜50億米ドル(約3000億〜5000億円)と推定されると語った。

 また、技術班による被害状況の正式調査はまだ行われていないが、港湾地区で発生したこの爆発の被害はベイルートの半分に及んだとみられると述べた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
レバノン爆発、死者100人超える 負傷者は4000人
まるでこの世の終わり…レバノン首都、二重爆発の現場から
【写真】レバノン首都の大規模爆発 現場の様子