広島と長崎に投下された原爆についてまとめた図解。(c)AFP

写真拡大

【AFP=時事】今から75年前、第2次世界大戦(World War II)の終戦を間近に控えた1945年8月6日、米軍の爆撃機が広島に原子爆弾を投下した。そして3日後の9日、今度は長崎に2発目の原子爆弾が投下された。これらの原爆投下は人類史上初めて核兵器が実際に使用された例となり、また、日本は世界で唯一、原爆を落とされた国となった。広島と長崎で起きた悲劇を、AFPの図解でまとめた。

 これら2発の原爆投下によって多大な犠牲者が出たことは疑う余地がないが、正確な人数については現在も分かっていない。爆発の瞬間に多くの命が失われ、そしてその後も、放射能の影響が長きにわたり人々を苦しめ続けている。すさまじい熱線と爆風で、街は一瞬にして焼け野原となり、爆心地付近ではほぼすべての建物が破壊された。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
原爆の部品運んだ米重巡洋艦、撃沈から72年ぶりに発見
真珠湾攻撃から75年──出撃する戦闘機見送った元整備兵
フランシスコ教皇、広島訪問 核兵器の使用は「犯罪」と訴える