とうとう本人も使わなくなった珍妙アベノマスクを、女子高校生たちが「デコりマスク」とおもちゃにしているというから面白い。あのマスクにキラキラシールを貼ったり、手書きイラストを描いたり、棒付きキャンディーやアヒルのキャラクターグッズまでくっ付けて、「見て!見て!」とSNSで自慢したり、学校で見せあいっこをしているのだという。

キャスターの若林有子アナは「色とりどりでかわいいのです」と紹介し、司会の国山ハセンは「なぜアベノマスクなのでしょうか」と首をひねる。女子高校生たちによると、市販のマスクのように複雑な形状ではなく、「凸凹がなく、小さいからシールがつけやすい」からなのだそうで、「作って、写真撮ったり学校で見せたら終わり。(息が)苦しいから使わないよ」。マスクとしてはやっぱり不評なのだ。

「安倍さんたたかれてかわいそうじゃん」の理由が「切ない」

それにしても、彼女たちはなぜこんなことを思いついたのか。若林は「『安倍さんが叩かれてかわいそうだから』『他に使い道がないから』と、(安倍首相にとっては)切ない理由でした」と伝える。

盒驚療機癖杆郢痢法屬修譴辰董△い舛个鷄圓と稟修任垢茲諭あんなことしか使い道がないというのは、アベノマスクって何だったんだろうということです」

キャスターの立川志らくは体調を崩し、新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だったが、きのう4日(2020年8月)に続いて休み、コメントを寄せた。「安倍首相にユーモアがあったら、その可愛らしいマスクをつけて、国会にきて会見を開いてほしいですね」

新型コロナウイルス感染の第2波が来ているといわれても、安倍首相は6月18日を最後に会見は開かず、国会も召集しようとしない。女子高校生のデコりマスクには「I LOVE スガさん」なんて書かれてた。彼女たちの間では、安倍首相はもう終わっちゃった人なのだろう。