「嘘みたいな本当の話です」と大阪府の吉村洋文知事がきのう4日(2020年8月)、「ポビドンヨード」が含まれる市販のうがい薬が新型コロナウイルスの感染防止に効果があると、記者会見でぶち上げた。コロナの対応でダントツの支持を誇る吉村知事が"お墨付き"を与えた形となり、会見直後からドラッグストアでうがい薬が売り切れ状態だ。

ポビドンヨードは、強い殺菌効果があり、手術などに使われる。大阪府と大阪市が大阪府立はびきの医療センターと共同で、新型コロナで宿泊療養中の軽症者41人を対象に実験したところ、ポピドンヨードを含むうがいをしたグループと、含まないうがいをしたグループとでは、前者の方が唾液のPCR検査でウイルス陽性率が低くなったという。

はびきの医療センターの松山晃文医師は「(うがい薬で口内を殺菌し)重症化や飛沫による市中感染をできるだけ抑えたい。ただ研究段階なので、確定的に言うことはできない」と話した。感染の予防にはならないという。

症例少ないし、アレルギー起こす人もいるのに大丈夫か?

厚生労働省は「ポビドンヨードについて新型コロナに効果があるかという検証はしていない」としている。ポビヨンヨードの使用にあたっては、妊娠中・授乳中、アレルギー症状のある人、甲状腺機能障害がある人などは医師への相談が必要だ。

岡田春恵・白鴎大教授「ポビドンヨードはアレルギーを起こす人がいるほか、妊婦は使わない方がいい。症例数も少ないので今後よく見ていくことが必要です」

呼吸器内科が専門の倉持仁医師「みんなに『やりなさい』というのは拙速だったと思いますね」

浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「(会見後に)ネット上でも騒ぎになり、売り切れになったり転売になったり、専門家も警告をツイッターに書き込んだりと、混乱した状況になっています。市場が開いている時間だったので、製薬会社の株が上がりました。まだ確定ではないことの発表の仕方として疑問を感じました」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「結果的に効果があるのかもしれませんが、論文にもなっていないし査読もされていない。行政が『使ってください』と推奨するのは疑問です。重症化の阻止にどうつながるかも不明です」