Net Applicationsから2020年7月のタブレットOSのシェアが発表された。2020年7月はAndroidが減少し、iOSとiPadOSが増加した。Androidはこの1年間でシェアの下落が続いている。一方、iOSとiPadは合算値での増加が続いている。AppleはiPad向けのオペレーティングシステムであるiPadOSをiOSから派生させ、シェアは徐々にiOSからiPadOSへ移っている。現在の傾向が続いた場合、向こう数カ月でiOSとiPadのシェアは逆転することが予想される。

2020年7月タブレットOSシェア/円グラフ - Net Applications

2020年7月タブレットOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications

2020年7月タブレットOSシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年7月タブレットOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications