Appleが現地時間2020年8月4日、米国特許商標庁(USPTO)にて「曲面ディスプレイを搭載した電子デバイス」の特許を取得したことを、AppleInsiderが報じています。

曲面ディスプレイの構造を主とした特許の内容


 
Appleが今回取得した特許、「曲面ディスプレイを搭載した電子デバイス」は、デバイス正面だけではなく側面にもディスプレイ領域を備えたデバイスの構想を示唆しているとAppleInsiderは説明しています。本特許情報をもとにした予想図におけるデバイスは、その断面がiPod nano(第4世代)のようなデザインになっています。
 
AppleInsiderによれば、曲面ディスプレイ搭載デバイスでは、デバイス断面形状を角張ったものではなく楕円形のような形状にした方が各種パーツを収納するのに効率的とのことです。
 

 
曲面ディスプレイは、フレキシブル有機EL(OLED)ディスプレイか、液晶ディスプレイで作られ、金属で補強されることを想定しているようだと同メディアは記しています。

曲面ディスプレイが実現するユーザーエクスペリエンスは未記載

Appleが取得した特許、「曲面ディスプレイを搭載した電子デバイス」は曲面ディスプレイを実現するための構造や製造技術に主眼が置かれており、それを搭載することによってユーザーエクスペリエンスがどのように変化するかには触れていないと、同メディアは伝えています。
 
曲面ディスプレイを搭載することで、筐体側面もディスプレイにするとのアイデアはコンセプトモデルなどで多く見られるものです。
 
 
Source:USPTO via AppleInsider
(FT729)