韓国が対日対応策を検討 「徴用工」資産現金化問題めぐり

ざっくり言うと

  • いわゆる徴用工訴訟をめぐり、日本製鉄の韓国内資産が差し押さえられた問題
  • 「公示送達」の効力が4日に発生し、資産の現金化手続きが可能となった
  • 日本が「報復措置」に出た場合、韓国側も同水準の対抗措置を検討中だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x