伊藤忠商事は3日、学生服や学習用品に特化したECプラットフォーム「学校生活」をローンチした。

「学校生活」(公式Webサイト)

2021年度以降の入学生を対象に学生服や学習用品を取り扱うプラットフォーム「学校生活」は、オンライン試着サービスVIRTUSIZE(バーチャサイズ)によるサイズ測定から購入、配送までをオンラインで行えるEC。学生服におけるサプライチェーンとなる学校やメーカー・販売店に向けての採寸や代金回収などの負担を軽減できる仕組みを提供している。

同社では、繊維事業におけるビジネス進化の一環とも捉えており、2021年度の入学生向け製品を対象に学校指定の学生服や学習用品の展開を開始。今後アイテムを拡大し、3年後には流通総額で50憶円規模のプラットフォームを目指している。