「French Toast Holic」期間中だけのスペシャルメニュー「マンゴーココナッツブリュレ フレンチトースト」

写真拡大

ニューヨークで生まれ、「ニューヨークの朝食の女王」とも称されるレストラン「サラベス」では、“フレンチトースト中毒”「French Toast Holic」と題したフェアが開催中。看板メニューのフレンチトーストをテーマに、さまざまなアレンジを加えた5つの期間限定スペシャルメニューを、2週間ごとに販売する。

【写真】「ニューヨークの朝食の女王」と称されるレストランの極上フレンチトースト

現在は、フェアの第2弾メニューとして、「マンゴーココナッツブリュレ フレンチトースト」(1480円)が各店1日30食限定で販売中。提供は8月15日(金)まで。今後は9月30日(月)までに第3弾から第5弾までの3メニューが登場する。

「マンゴーココナッツブリュレ フレンチトースト」は、夏を代表するフルーツであるマンゴーを使った一品。フレンチトーストの表面をブリュレしてサクサクに仕上げ、マンゴーをトッピング。ココナッツシロップやサワークリームをかけると、生地のほのかな甘さとマンゴーの甘酸っぱさが引き立ち、南国風のトロピカルな味わいが口いっぱいに広がる。

さらに「French Toast Holic」では、フェア開催にあたって、スタンプラリーを実施。販売終了した第1弾メニューを含む全5メニューのうち、3メニューを制覇すると、サラベス・オリジナルマグカップをゲットできる。全メニューを制覇すると、今回のフェアで人気の高かったメニューが再登場する「アンコールフレンチトースト」(11月開催予定)に招待してもらえるそう。

今まで味わったことのないスペシャルなフレンチトーストが味わえる貴重な機会。サラベスのファンも、これまで足を運んだことのない人も、夏にぴったりの極上フレンチトーストを味わい、スタンプラリーにもトライしてみてよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。