NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は8月4日、高精度AIチャットボット「COTOHA Chat & FAQ」において、チャットボットまたはオペレーターが利用者との間で行うチャットをリアルタイムで13言語へ翻訳可能な「マルチリンガルオプション」の提供を、8月5日より開始することを発表した。

提供イメージ

同サービスは、コンタクトセンターや社内の問い合わせ窓口などにおいて、人の代わりに応対するAIチャットボットを提供するサービス。「マルチリンガルオプション」を利用することで、日本語のFAQをAIに読み込ませるだけで13言語へリアルタイムに翻訳し、問い合わせに対応できるようになるという。

また、AIが解決できなかった問い合わせに対して人のオペレーターから回答する場合にも、リアルタイムで翻訳が可能だということだ。

翻訳には、NTT Comの高精度AI翻訳プラットフォームサービス「COTOHA Translator」が用いられ、TOEICで960点を超える水準の高精度なAI翻訳によって自然な対話を実現し、問い合わせ対応の大幅な稼働削減・業務効率化に貢献するとしている。

利用料金は初期費用が100万円(税別)、月額利用料が9万5,000円(税別)〜 (利用回数や時間に応じて変動)。なお、別途「COTOHA Chat & FAQ」の契約が必要。