Net Applicationsから2020年7月のモバイルブラウザのシェアが発表された。2020年7月はChromeとSafariがシェアを増やし、Samsung BrowserとQQがシェアを減らした。スマートフォン向けオペレーティングシステムのシェアはAndroidとiOSで99%以上が占められている。このため、それぞれのデバイスでデフォルトのWebブラウザであるChromeとSafariが高いシェアを占めている。

ChromeおよびSafariのシェアと比べると絶対数は少ないものの、第3位にSamsung Browserが位置している。Samsung Browserは2019年11月に一気に4%以上まで増加し、以降横ばいないしは時折微増する傾向を続けている。2020年7月は若干減ったものの、過去1年間の傾向を見る限りでは2020年7月のシェアは横ばいに近い動きといえる。

2020年7月モバイルブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年7月モバイルブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications