大谷翔平、2020年シーズンの投手復帰厳しく 投球練習再開まで4〜6週間

ざっくり言うと

  • 2日の登板後、右腕の違和感を訴えていた大谷翔平
  • エンゼルスは3日、右肘付近の屈筋回内筋痛と診断されたと発表した
  • 投球練習再開まで4〜6週間かかるとみられ、今季中の投手復帰は厳しい見通し

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x