オウルテックは8月3日、車体の前後と車内の様子を記録できる3カメラ仕様のドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」を発売した。車内カメラは赤外線LED搭載で、夜間でも明るく鮮明に撮影できる。価格はオープンで、店頭予想価格は36,080円前後(税込)。

オウルテックが発表した3カメラ仕様のドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」


レーシングドライバーやレーシングチームの監督として活躍する脇阪寿一氏がプロデュースしたというドライブレコーダー。車体の前後と車内の様子を記録できる3カメラ仕様で、有効画素数約370万画素(リアと車内は約200万画素)のソニー製1/2.8型CMOSセンサー「STARVIS」を搭載。レンズはフロントがF1.4、リアと車内がF1.8と明るく、暗い場所でもノイズの少ないクリアな映像を撮影できる。

本体はスティック型で視界のじゃまになりにくい


標準で付属する後方撮影用カメラ


撮影解像度はフロントが2,560×1,440ドット、リアと車内が1,920×1,080ドット。フレームレートはともに27.5fpsとなっている。画角(対角)はフロント139度 / リア133度 / 車内148度。逆光での白飛びや黒つぶれを抑えるWDR機能も搭載する。

3つのカメラで撮影できない死角を格段に減らせる


3つのカメラでの撮影例


車内カメラはレンズ周辺に赤外線LEDを搭載しており、夜間など暗闇でも鮮明な記録が可能。そのほかにも、駐車時に衝撃を感知すると自動的に撮影を開始する「駐車監視機能」、ドライブルートの確認ができる「GPS機能」などを備える。

記録メディアにはmicroSDXCメモリーカード(最大128GB)を使用。2.45インチのIPSディスプレイを備え、本体サイズはW108×D43×H45mm、重さは107g。リアカメラはW57×D28×H56mm、重さは28g。