Net Applicationsから2020年7月のデスクトップブラウザのシェアが発表された。2020年7月はGoogle ChromeとMicrosoft Edgeがシェアを増やし、FirefoxとInternet Explorer、Safariがシェアを減らした。ブラウザのシェア動向は落ち着きを見せつつある。

変化幅は小さいがChromeとEdgeが長期に渡ってシェアを増やし傾向を示し、それ以外のWebブラウザが長期に渡ってシェアを減らしている。WebブラウザとしてChromeがますます強い影響力を持ちつつある。

2020年7月ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年7月バージョン別ブラウザシェア/円グラフ - Net Applications

2020年7月ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications

2020年7月バージョン別ブラウザシェア/棒グラフ - Net Applications