ボストン・マラソン爆破事件実行犯のジョハル・ツァルナエフ被告(2013年4月19日撮影)。(c)FBI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、2013年のボストン・マラソン(Boston Marathon)爆破事件の実行犯で連邦高裁が下級審の死刑判決を破棄したジョハル・ツァルナエフ(Dzhokhar Tsarnaev)被告(27)について、ツイッター(Twitter)に「連邦政府は改めて死刑を求めなければならない」と投稿した。

 トランプ氏は「ツァルナエフ被告より死刑に値する人物などめったにいない」とし、判決破棄について「多くの人命が失われ、そして損なわれた。わが国は高裁の判断を放置することはできない」と批判した。

 事件では3人が死亡、264人が負傷した。ツァルナエフ被告は2015年に死刑判決が言い渡されたが、マサチューセッツ州の高裁は7月31日、有罪判決については維持したものの、陪審員の選定手続きの中立性に問題があったとし、量刑審理を地裁に差し戻した。

 ツァルナエフ被告は事件当時19歳で、兄で共犯のタメルラン・ツァルナエフ(Tamerlan Tsarnaev)容疑者は警察との銃撃戦で負傷し、4日後に死亡した。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
セクハラ告発女子学生殺害事件、16人に死刑判決 バングラデシュ
米連邦で今週3人目の死刑執行 トランプ氏再選見据え極刑推進
米国の死刑、執行失敗例では中世並みの悶絶