B型女子はワガママだと言われてしまう10の理由

写真拡大

「マイペース」「自己中心的」「愛されキャラだが、誤解されやすい」「ワガママが許されるトクな人」「こだわりが強い」……とあまりポジティブに表現されないB型女子。
本気なのか冗談なのか? わかりやすいのか複雑なのか? 誤解されやすい性格の持ち主であるのは間違いないのかもしれません。
そこで、今回はB型女子が世間を混乱させてしまう事例をまとめてみました。ワガママだと言われてしまう原因は、彼女たちのこんな性質にあるのです。

目次

その1:姫気質だから

「自分はよくても他人はダメ!」これを地でいくB型女子。男性に対しては、その傾向がさらにパワーアップします。思い通りにならないと他人を切り捨てるが、極度の寂しがり屋だから結局ひとりじゃ生きていけるはずもありません。

その2:小悪魔だから

相手を振り回してナンボなB型女子。でも、あまりにも構ってちゃんすぎて、見捨てられることも。
小悪魔な恋のピリオドは、たいてい彼氏からの説教で終わります。

その3:魔性だから

魔性の魅力において右に出る者はいないB型女子。どこからどこまで本気なのかわからない発言や行動が、他人を惑わせる原因になっています。
不本意に嫌われたり、不本意に好かれたりするのはそのせいです。

その4:バカがつくほど素直だから

幼稚園児なみの素直さで生きてきたB型女子。「勝手に入ってていいよ」と言われたら、本人不在の部屋にもふつうにいたりします。図々しいんじゃなくて、言葉のままを信じただけなのに……。たまに本気で嫌われるとすごくへこみます。

その5:ワイドにも一点集中にもなるから

ワイドにも一点集中にも一瞬で切り替わるB型女子。ブランドものを持っていたかと思えば、おもちゃの指輪を大事にしています。
泣いても次の瞬間には笑っています。当然『好きになったひとがタイプ』です。

その6:無意識にフレンドリーだから

本人の自覚がないまま磁石のようにひとを惹きつけるB型女子。そのため恋人ができたと言うと、なぜか「オレも好きだったのに」と落ち込む男がいます。
でも本命には良さをわかってもらえなかったりするジレンマがあります。

その7:ちゃっかり者だから

自分のために他人を動かすことにかけてプロ級のB型女子。男からすると反応がわかりやすいぶん何かしてあげたくなる存在。「
ちゃっかりしている」と言われるのは宿命。同性の反感を買わないように注意して!

その8:男にも女にもなるから

一見ふわふわしているのに、男前な一面があるB型女子。好きになった彼とも性別にとらわれない友情を結びます。
セックスアピールがないことを悩むより、あなたにしかできない付き合い方を見つけよう。

その9:決まりは破るためにあるから

レシピにない料理、地図にない道、が好きなB型女子。一緒にいると楽しい反面、何ひとつ“普通”ではいられない。世間一般の恋愛ルールをあざ笑うことも。
でも、人の心に敏感なので、誰かを傷つけると結局自分が傷つく傾向にあります。

その10:勘が全てだから

動物の勘とやらでだいたいは乗り切るB型女子。根拠はないので、周りはいつもハラハラしながら見守っています。
ノリが悪い相手にはあからさまに冷たい視線を投げるという大人げない一面も。

愛されキャラにあぐらをかいていてはダメ!

B型女子の魅力も悪いクセも、周囲のみんなとっくに知っています。そのうえで我慢できない人は去っていき、一緒にいる人にはダメな部分も愛されています。
自分へのダメだしを少しずつでも取り入れることができたら、またひとつイイ女度が上がるはずですよ。
(yummy!編集部)