不透明な防疫物資搬出で疑念広がる 文在寅大統領の金看板「南北融和」

写真拡大

 緊張が続く南北関係に改善の兆しは見られないが、韓国の文在寅大統領は金看板の「南北融和」を下ろす気はないようだ。


 統一部が先月30日、民間団体「南北経済協力研究所」による北朝鮮への防疫物資の搬出を承認。前例を覆して北朝鮮側の受領団体を公開せず、問題視されている。


 南北経済協力研究所が政府に搬出を申請したのは、新型コロナウイルス感染症の防疫物資。平安北道の学校や港、病院などの公共施設に総額8億ウォン(約7024万円)規模を供給するという。先月末の内閣改造で李仁栄統一部長官が就任後、初めての北朝鮮への搬出承認だ。従来は南北交流の透明性向上の観点から北朝鮮側の契約先などを公開してきたが、今回は見送られたことで憶測を呼んでいる。伏線にあるのは、韓国で生活していた男性脱北者が軍事境界線を越えて北朝鮮の開城市に出戻り、新型コロナを初めて持ち込んだとされる騒動だ。

 韓国軍合同参謀本部の調査結果によると、脱北者は先月18日未明、軍事境界線に近い北西部の江華島のあずまや付近でタクシーから下車。現場の軍監視所の勤務者は下車した男性の確認も報告もしなかった。脱北者はあずまや付近の排水路を通って漢江に入り、約2時間後の午前4時ごろに約5キロ離れた北朝鮮側に上陸。この間、脱北者は韓国軍の近距離・中距離監視カメラに5回、赤外線監視システム(TOD)に2回、その姿をとらえられていた。

「軍事境界線付近を監視する前線部隊の警戒態勢に不備があったのは明白で、合同参謀本部は海兵隊司令官と首都軍団長を厳重警告処分とし、海兵隊第2師団長を解任するほか、関係者を懲戒委員会に諮る方針です。医療体制が脆弱な北朝鮮は新型コロナの流入に神経を尖らせ、1月に国境封鎖。一貫して感染者ゼロを主張する中、脱北者が陽性の可能性があるとして先月24日に開城市をロックダウンするなど、対南圧力を強めてきた。そうした経緯から、大量の防疫物資を不透明な形で送ることになったのではないか。そうした疑念が広がっています」(在韓ジャーナリスト)

 ところが、朝鮮労働党機関紙の労働新聞(30日付)は、「わが国にはまだたった1人の感染者も発生していないが、油断すればとりかえしのつかない危機を招く」と伝え、改めて感染者ゼロを主張。

「開城市に致命的な災難をもたらす危険が造成された」としながら、「人民の安寧のために重大な政治的決断を下した」として、金正恩朝鮮労働党委員長の指導によって適切な防疫対措置を講じたと報じた。国営メディアの朝鮮中央通信も30日に金正恩氏の最側近が開城市を視察したと伝え、「開城市民の生活に必要な食品や医薬品などの物資供給が、集中的に行われている」と紹介した。

 一体どうなっているのか。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]