伊勢ケ浜親方、弟子・照ノ富士の復活Vに歓喜の涙「よく頑張った」

ざっくり言うと

  • 大関の看板を2017年の九州場所で失ってから番付が急降下していた照ノ富士
  • 20年の7月場所千秋楽となった8月2日、序二段で優勝を果たした
  • 師匠の伊勢ケ浜親方は涙し、「よく頑張ったと言ってあげたい」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x