札幌で虹色の環「ハロ」が出現週明けの天気下り坂のサインに

2020/08/02 14:28 ウェザーニュース

今日も強い日差しが照りつけている札幌市内で、太陽の周りに虹色の輪が現れています。氷の粒でできた上空の薄雲が広がることで、太陽の光が屈折し見られる「ハロ(日暈)」です。

札幌市内は朝から晴れているものの、時々上空に薄い雲がかかり、ハロが見えています。強い日差しで最高気温は28.8℃まで上昇しました。ただ、今日のハロは天気下り坂のサインとなります。

明日は次第に雨が降り出す予想

週明けの明日3日(月)は朝から雲が広がり、時間とともに雲が厚みを増します。道南など早い所では昼過ぎから雨が降り出し、札幌市内も夕方から夜にかけては一時的に雨が降る予想となっています。日差しが少なくなる分、暑さはここ数日に比べてトーンダウンし、比較的過ごしやすい体感温度となる見込みです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)