ドラフト候補の創価大・萩原哲は2つの顔を持つ>>

 あまりに強烈なフレーズが出現すると、人々はその言葉にとらわれ、本質を見誤ってしまうことがあるのではないだろうか。

 中央大のドラフト上位候補・五十幡亮汰(いそばた・りょうた)の枕詞になっている「サニブラウンに勝った男」もそのひとつだろう。

 当事者からすれば、迷惑なフレーズに違いない。たしかに五十幡は男子100m走日本記録保持者のサニブラウン・アブデル・ハキームに勝ったことがある。だが、それは中学時代の話である。

 今すぐプロ球界に入れても、五十幡がトップクラスの快足なのは間違いない。だが、成長中の盗塁技術やシャープに振れる打撃、アマ屈指の強肩も「サニブラウンに勝った男」のパワーワードの前にかすんでしまう。

 野球選手として着実に進化しているというのに今でも中学時代の杵柄(きねづか)を持ち出され、本人は「いつまで言ってるんだよ?」と違和感を覚えているのではないだろうか。

 そしてキャッチーな異名を持つ五十幡に対して、もっと注目を浴びていいのではないかと思える選手が中央大にいる。それが、五十幡とともにドラフト上位候補に挙がる牧秀悟である。


昨年秋のリーグ戦でMVPを獲得した中央大・牧秀悟

「注目してもらえるならしてほしいですけど、五十幡は本当にサニブラウンに勝った足もあって、スペシャリストという意味でも取り上げられているのかなと思います。(メディアに対して)もっとこっちこいよ、と思うことはありません。五十幡が塁に出て、4番の牧が還す......という意味では見てほしいですね」

 プレーヤーとしてタイプが違うこともあって、五十幡ばかりが脚光を浴びることへの対抗心は牧にはない。

 身長178センチ、体重94キロの存在感のある体とは裏腹に、牧は自分のことを控えめに話す。昨冬は大学日本代表候補合宿のキャプテンに任命されたというのに、「取材を受けるのが苦手」と後ろ向きな感情があったと明かす。

 寡黙な職人。そんなイメージのある牧に、いつか自分自身を存分に語ってもらいたい。そんな思いを伝えたところ、リモート取材が実現した。

 牧の魅力は、広角に力強い打球を飛ばせる打撃にある。3年生だった昨年は大学日本代表の4番打者を任され、リーグ戦では、春は.400、秋は.361と高打率をマーク。秋は東都大学リーグのMVPを受賞した。名実ともに大学球界を代表する右打者である。

 昨秋を終えた時点で、牧は進路を「プロ一本」に絞った。

「大学日本代表で1学年上の先輩方がどんどんプロに進んで、それを見て自分もそのレベルでやりたいなと思いました」

 長野県北部の中野市の出身。牧は故郷について「冬は雪がヒザくらいまで積もって、毎日雪かきが大変でした」と語る。家の敷地内や家の前の道に積もると、3歳上の兄とともに雪をかいたという。

 高校は松本市の松本第一に進学し、寮生活を送った。3年春には県大会を制して北信越大会に出場するなど、当時ショートを守っていた牧は県内で評判の選手になった。だが、この年の長野県には全国的な評判を得たショートが2人もいた。

「草海(くさがい)は中学時代から試合したことがあって、高校では2年で甲子園に出ましたから。元山は守備にかけては頭2つくらい抜けていましたし、しなやかで憧れるレベルでしたね」

 上田西の草海光貴と、佐久長聖の元山飛優。高校時代から投手としても注目されていた草海は、現在社会人の強豪・セガサミーで投手に再転向。元山は東北福祉大で順調に成長し、ドラフト候補に挙がっている。

 高校2年夏は草海の上田西が、3年夏は元山の佐久長聖が甲子園に出場。一方の牧を擁する松本第一は、2年連続で初戦敗退に終わった。

 将来的にプロに進みたい希望はあったものの、高校時点では自信がなかった。だが、2年連続初戦敗退のチーム実績では、有力な大学からスポーツ推薦を得ることも難しかった。

 そんな折、櫻井正孝監督(当時)から勧められたのが名門・中央大のセレクション受験だった。

「どこにも行ける大学がなかったなか、中大のセレクションに来て、たまたま受かったという感じでした。周りの選手は甲子園に出たとか、地方大会ベスト8とか。1回戦負けなんてほかにいなかったですからね。受かったのは奇跡だと思います」

 本人はそう謙遜するが、牧は大学1年春からショートのレギュラーに抜擢される。当然、周囲の目を引いたものの、下級生時の打率は3割に届かず、突き抜けた存在ではなかった。

「サニブラウンに勝った男」より俊足のドラフト候補>>

 牧の打撃が明らかに変わったのは、3年になってからだ。打席で重心を落としてどっしりと構え、インコースだろうとアウトコースだろうと、どんな球にも力強くスイングできるようになった。

 牧は「当てにいってもヒットは生まれないと気づいたんです」と言う。

「2年まで上半身に頼って、上でボールをとらえていたんです。3年になって、体全体を使って打つために、下半身を生かしていこうと。下半身から上半身に連動していく技術を身につけていきました」

 打席に入る直前の牧を見ていると、しきりに左足を上げ、右股関節に重心を乗せる動作を繰り返している。そのルーティンについて聞くと、牧は「僕は体が硬いので」と笑って、こう続けた。

「下半身を使おう、という意識づけをしているうちに股関節を重視するようになりました。股関節も硬いんですけど、硬いなりに動かせば問題ない。野上(健/臨時)コーチや美馬(健太)コーチと話しながら練習していくうちに、いい感じになっていきました」 

 ボールを呼び込む形が安定したことで、どんなボールに対してもフルスイングできるようになった。牧は理想の打球を「右中間に伸びていく打球」と語る。

 さらに打席内での考え方にも変化が起きていたという。

「最近思ったのは、ピッチャーに合わせていたらバッターは勝てないということです。ピッチャーが足を上げたら、自分も足を上げる。向こうに間(ま)をあげないことを意識して、押せ押せでいこうかなと考えるようになりました」

 投手がボールを投げなければ試合は進まないため、主体的な投手に対して、打者は「受動的」と言われる。だが、牧は打者が主体で、投手が打者に合わせてくるイメージで打席に入るようになった。

 大学日本代表でも大きな実りを得た。慶應義塾大の柳町達(現・ソフトバンク)などから打席での考え方を聞き、自身に取り入れていった。さらに昨夏の代表招集期間には体重が5キロも増えた。トレーニングの成果かと思いきや、牧は「ケータリングの食事がおいしくて......」と自己管理のミスだと明かした。だが、結果的に体重が増したことで打球に力強さが加わることになった。

 そして、牧の最大の魅力とも言うべきは勝負強さである。ランナーがいるときといないときでは打撃を変えているのかという問いに、牧は「変えています」と答えて苦笑混じりにこう続けた。

「ランナーがいないときのほうが苦手なんです。集中力が足りないのかな......と。チャンスになればなるほど集中力が数段上がって、甘い球1球を待って『仕留めてやるぞ』と粘れます」

 チャンスに強い打者は「ここで打てば自分がヒーローだ」と華やかなイメージを描いて打席に入ると聞いたことがある。牧もそうなのかと聞くと、「それはありません」と答えた。

「4番を打たせてもらうなかで、チャンスで回してくれるチームメイトを還す。それが自分の仕事なので」

 男は黙ってランナーを還す。いかにも牧らしい考え方だった。

 大学3年からはセカンドにコンバートされ、「精神的に楽になって、バッティングに集中できるようになった」と牧は言う。守備に自信がないわけではないが、自分はバットで生きていくという覚悟が芽生え始めている。

 12球団を見渡しても、右打ちの強打の内野手がいるチームは強い。ただ、大学リーグ通算3本塁打と、中距離打者の牧がさらにプロからの評価を高めるには長打力の向上が近道になる。牧は自分の打撃スタイルを貫きつつ、「ランナーがいない場面でも一発で流れを変えられるバッターになりたい」と語る。

 大学最終学年に入ってからコロナ禍に見舞われ、対外試合を禁じられるなど不自由な日々が続いている。7月には、中央大の野球部以外の運動部寮からコロナ感染者が出るアクシデントもあった。だが、牧は前向きに日々を過ごしている。

「野球ができない、しっかり動けていない人もいるなかで、自分たちはやれているので。できているのを当たり前と思わず、この環境を大事にやっていきます」

 そして、牧は冗談めかしてこう続けた。

「大学の授業がオンラインになって、いつもはテストを受けるところをレポート提出でよくなったので。その点ではラッキーだなと思います」

 最後に牧に聞いてみた。なぜプロ野球選手になりたいのか、と。ドラフト候補には必ずする質問だが、牧は意外なことを口にした。

「自分の地元は田舎で、野球人口が本当に少なくなってしまいました。そんなところから自分がプロになったら、子どもたちに野球がもっと楽しくなる、影響を与えられると思うんです。記録より記憶に残る選手になりたいんです」 どことなく土の匂いがする右の強打者・牧秀悟。故郷への思いを胸にバットを振る職人の名前は、秋が深まるにつれ自然と見る機会が増えていくに違いない。