当事者が語る再生回数930万に「史上最悪の大誤審」の記憶>>

 あの聖徳学園(しょうとくがくえん)に、また140キロを超える本格派投手が現れたらしい──。

 その噂を耳にしたときは、心底驚いた。こんな短期間に立て続けに好投手を育成してくるとは予想していなかったからだ。

「あの聖徳学園」と書いたのには、少し説明が必要だろう。聖徳学園は今季、ソフトバンクからヤクルトに移籍して売り出し中の若手左腕・長谷川宙輝(ひろき)の出身校である。

 かつては「関東高校」という学校名で、甲子園出場こそないものの、江藤智(元・広島ほか)を輩出するなど東京の強豪として知られた。だが、校名が聖徳学園に変更してからは、学校の方向性は学業面へとシフトする。野球部は弱体化し、20点差で大敗することも日常的で、部員不足で大会にエントリーできない年もあった。

 そんな低迷期に、突如現れたのが長谷川だった。厳密に言えば、聖徳学園の中里英亮監督が後ろから目いっぱい背中を支えるようにして表舞台に押し上げた、というほうが正確かもしれない。

 中里監督は関東高校時代のOBであり、長谷川の才能に初めて目をつけた人物である。4年前、長谷川の高校3年時に中里監督はこう語っていた。

「話して、話して、納得させて、ようやくここまで来ました。今まで話しても、やろうともしない選手が多かったなかで、長谷川はひとつひとつこなしてくれた。本当に指導者冥利に尽きますよ」

 聖徳学園中の軟式野球部ではほとんど勝った経験すらない。体重は50キロしかなく、球速は120キロ弱。それでも、中里監督は「縦に落ちる独特のスライダーがよくて、上の世界でやれる選手だ」と見出した。

 中里監督は長谷川に対して「プロに行こうぜ」「取材を受けるような選手になろう」と根気強く鼓舞し、体の使い方を基礎から教え込んだ。

 ある日、自信をなくしたのかサイドスローで投球練習する長谷川を「それで高校生を抑えてもプロはないぞ!」と叱り飛ばしたという。

「体のバランスをよくして、肩甲骨周りを柔らかくして、理にかなった投げ方をすれば140キロは出る。頼むから自分を信用してくれ」

 そう説き続けた結果、長谷川は高校3年になると西東京の注目選手のひとりになっていた。ソフトバンクの山本省吾スカウトの目に留まり、何度も足を運んでもらったことも師弟が自信を深める一因になった。秋にはソフトバンクから育成ドラフト指名され、プロ1年目から球速は150キロに到達した。

 長谷川がプロに進んだ年、聖徳学園の野球部が練習するグラウンドを訪れたことがある。内野程度の距離しかとれない長方形の狭いグラウンド。練習中、選手たちはマットを敷いて倒立をしたり、ペットボトルを頭に載せてジョギングをしたりと奇妙な練習をしていた。

 中里監督はその意図をこう明かした。

「ウチのチームには中学時代にほとんど試合に出ていなかった選手、勉強ばかりしていた選手もいます。今の子どもはマット運動がまったくできません。たとえポテンシャルを持っていても、動かし方がわからないまま発揮できない子が多いんです」

 体の動かし方を知らない選手たちに眠る運動能力を掘り起こしてきた結果、長谷川のような原石が発掘されたのだった。


将来はプロに行きたいと語る聖徳学園のエース・松崎公亮

 今年のエース右腕・松崎公亮(こうすけ)は、数々の名選手を輩出してきた名門・調布シニア出身である。だが、本人は「最後はベンチにも入ってません」と語るような控え外野手だった。

 それでも、「腕の振りがいい」と評価した中里監督に誘われる形で聖徳学園に入学。当初は最速120キロ台前半の平凡な投手だった。その後、中里監督による根気強い指導は松崎にも引き継がれていく。松崎は当時をこのように振り返る。

「ピッチャーになってから、毎日同じようなこと、細かいことばかりで、やめたいと思うこともありました。シャドウピッチング、肩の回旋を速くするトレーニング、ネットピッチング、指先でスピンをかける練習......。でも、やるからにはしっかりやろうと続けられました」

 冬場には、正月休みの長谷川が聖徳学園のグラウンドに顔を出してくれた。松崎は顔を上気させて、当時を振り返る。

「体つきが全然違って、『これがプロか......』と圧倒されました。やっぱりオーラが全然違いますね」

元U−15戦士はなぜ強豪校より公立を選んだのか?>>

 身長は175センチの長谷川に対して、松崎は183センチと一回り大きい。それでも松崎の目に、長谷川の存在は大きく、まぶしく映った。

 中里監督も選手たちへの「長谷川効果」を認めている。

「身近な存在がプロでも活躍しているわけですから、今の選手たちにとっても刺激になっています」

 かつては中里監督がいくら説得しようと「笛吹けど踊らず」だった選手たちも、長谷川という大きな成果が出たことで聞く耳を持って取り組んでくれるようになった。

 松崎は最速143キロの速球派右腕として、東京では密かに注目される存在になっている。

 今夏の西東京の独自大会は初戦で五商に11対1(5回コールド)、2回戦で明大明治に3対2と連勝し、ベスト16進出をかけて対戦したのは、昨秋ベスト4のシード校・創価だった。

 中1日で先発した松崎は、試合前のブルペンから体が重そうだった。

「やべぇ、今日全然ダメだ。キレがねぇ」

 捕手の山縣悠孝を相手に、そんな嘆き節が口をつく。もともと腰痛を抱えており、中1日ではダメージが癒えなかった。

 立ち上がりにわずか2球で連打され、さらに連続四球を与えて先制を許すと、もう創価の強力打線を止められなかった。初めてのアウトを取るまでに打者1巡を要し、その後も流れを変えられないまま松崎はマウンドを降りた。 

 最終スコアは0対16の5回コールド。試合後、中里監督に「もう少し戦える気持ちを持って臨んだのでは?」と尋ねると、実感を込めて「ありましたねぇ」と答えた。

「松崎のコントロールが甘かったこともありますが、立ち上がりの連打も打球が飛んだ場所が不運でした。ストレートと変化球を打たれたことで、迷ってしまったのかな......と。普通に投げてくれれば、相手になったのかなと感じます」

 松崎は「自分の力のなさに情けないです」とうつむいた。

 結果的に大差はついたものの、勝った創価に聖徳学園を侮るような気配はなかった。創価の片桐哲郎監督は試合後にこう語っている。

「松崎くんがいいピッチャーと認識していましたし、速い真っすぐに振り負けないこととスライダーをどう見極めるかは選手に言っていました。ここまでの点差は全然予測していなかったので、今日は攻撃陣を褒めたいと思います。本来なら競って、中盤以降の勝負になると思っていましたから」

 屈辱的な敗戦こそ喫したものの、松崎は高校で野球をやめるつもりはない。大先輩のように、自分もプロの世界でやってみたいという思いが芽生えたのだ。

「将来プロに行きたいですが、こんなレベルでは上には行けないので、まずは進学したいと思います。投球にメリハリをつけて、いずれは三振を量産できるピッチャーになりたいです」

 そして聖徳学園にとっても、この大敗は再スタートのための糧になる。中里監督に「チームとしても再出発ですね?」と尋ねると、力強く「はい、出直しです!」と返ってきた。

「このところ、ベスト32が壁になっていて、去年も日大三に負けました。来年はこの壁を越えたいと思っています」 どん底まで落ち、環境に恵まれなくても聖徳学園は光を失っていない。長谷川宙輝という育成の星に続く松崎公亮という好投手、さらにその下には新チームの主役たちが先輩の広い背中を追っていく。