スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務める

写真拡大 (全2枚)

スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務める

スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めるアニメシリーズ「ジュラシック・ワールド サバイバル・キャンプ」が、9月18日からNetflixで全世界独占配信されることが決定。あわせて、予告編とキービジュアルがお披露目された。

本作は、実写映画「ジュラシック・ワールド」シリーズと同じ時間軸で描かれる物語。舞台となるのは「ジュラシック・パーク」シリーズの舞台にもなったイスラ・ヌブラル島にあるキャンプ場“サバイバル・キャンプ”。6人の少年少女たちが、ひと夏の冒険として安全で楽しい恐竜たちの世界を体験するはずが、思いもよらないトラブルが発生。島に取り残され孤立状態となり、外界との連絡手段を絶たれてしまう。そんななか、野放しとなった危険な恐竜たちが、次々と彼らに襲いかかっていく。

スピルバーグ監督だけでなく、実写版のクリエイターたちが製作総指揮として参加。2021年に全米公開を予定している「ジュラシック・ワールド ドミニオン(原題)」でメガホンをとるコリン・トレボロウ監督、「ジュラシック・ワールド」シリーズのプロデューサーとして知られるフランク・マーシャルのほか、ドリームワークス・アニメーションのスコット・クリーマー、アーロン・ハマーズリーが名を連ねている。

予告編には、見る者を恐怖に陥れてきたド迫力の恐竜たちが続々と出現。さらに「ジュラシック・パーク」にも登場したジープ、「ジュラシック・ワールド」にも使用された球体型の乗り物ジャイロスフィアなど、お馴染みのビークルも確認できる。一方、ビジュアルは、「あの島で、新たなアドベンチャーが始まる」というメッセージとともに、巨大な肉食恐竜が少年少女たちに襲いかかろうとしている光景をとらえている。

Netflixオリジナルシリーズ「ジュラシック・ワールド サバイバル・キャンプ」は、9月18日から配信開始。