【詳細】他の写真はこちら

北海道出身のITSUKIと、宮崎県出身のNARITO。お互い遠く離れた東京で出会い、自分たちの「声」を武器に奏でるハーモニーが聴くものの心を潤す、ボーカルデュオall at once。

4月29日に先行配信となった「12cm」ではラジオ局でのパワープレイを各地獲得し、更なる期待が高まる中、新曲「星合」が読売テレビ・日本テレビ系全国ネット放送「名探偵コナン」の新EDテーマとして本日8月1日(土)放送回よりオンエアされた。

同楽曲は、幻想的な星空がイメージ出来るトラックに、彼らの持ち味であるボーカルワークがのることによって、彼らの新しい一面を垣間見ることが出来る楽曲になっている。

「星合」は七夕を表す季語であり、お互いを想い合いながらもなかなか会うことができない、そんなふたりの関係を七夕の織り姫と彦星に重ねて歌っている。

初回オンエアの放送後に合わせて公開されたミュージックビデオは、豊洲にあるチームラボプラネッツ TOKYO協力のもと、七夕の夜空を連想させる幻想的な世界観を壮大に表現。

圧倒的なスケールで描かれた無限に広がる光のアートに魅了され、より一層楽曲のストーリーに引き込まれる作品となっている。会いたくても会えない、だからこそ会えたときの一瞬を大切にする気持ちがこの楽曲のポイントであり、この楽曲で、「名探偵コナン」の登場人物である工藤新一と毛利蘭の関係を連想する部分もあるだろう。

なお同時に8月2日(日)0時より、各配信サイト・サブスクリプションサイトにて「星合」の配信が決定しており、是非そちらもチェックしてほしい。

この夏、お互いに会いたくても会えない恋人同士にぜひ聴いて欲しい楽曲となっており、そんな想いの大切さをこの楽曲を通じて感じとって欲しい1曲だ。



●リリース情報

8月2日配信開始

all at once

「星合」

※各種配信・サブスクリプションサービスにて配信開始

1.「星合」

作詞:Ra-U 作曲:Ra-U 編曲:Ra-U

※読売テレビ・日本テレビ系全国ネット放送「名探偵コナン」エンディングテーマ

<プロフィール>

all at once(オールアットワンス)

北海道出身、力強いファルセット、レンジの広い歌声をもつITSUKI(イツキ)と、宮崎県出身、少年のように素朴でシルキーな歌声をもつNARITO(ナリト)によるボーカルデュオ。一見正反対に見える彼らだからこそ生み出せる、柔らかで温かみのあるハーモニーが聴くものの心に寄り添い、包み込んでくれる。

2019年、令和元年となるこの年に”all at once”として活動開始。2020年8月2日より、楽曲「星合」配信スタート。

<チームラボプラネッツ TOKYO DMMとは>

チームラボプラネッツは、アート集団・チームラボによる、超巨大な4つの作品空間と屋外作品を中心とした計8つの作品による「水に入るミュージアム」。

チームラボの「Body Immersive」というコンセプトの超巨大な作品に、人々は、他者と共に身体ごと没入し、作品と一体となる。そして、身体と作品との境界のない体験によって、自分と世界との間にある境界の認識を揺るがし、私たちと世界との連続的な新しい認識を模索する。

はだしとなって、超巨大な作品に、他者と共に、身体ごと、圧倒的に没入していく。

詳細はこちら

関連リンク



all at onceオフィシャルサイト