Photography:Stefan Warte

写真拡大

アウディが独創的なクワトロを投入してから40年が経過。Octaneはクワトロ開発のきっかけとなった軍用車とともに、クワトロのプロトタイプがテスト走行をしたオーストリアのアルプスを駆け抜けた。

私がアルゼンチンのバリローチェで元ラリードライバー、ハンヌ・ミッコラが運転するグループBのアウディ・クワトロA2に同乗走行させてもらって7年が経つ。1983年、ミッコラはマルボロ・ラリー・アルゼンチンで勝利し、ワールド・チャンピオンの座も獲得。その舞台を30年ぶりに走るというイベントだった。思い起こせばミッコラの勝利から7年間、ラリーシーンにおいてクワトロは表彰台を独占した。モータースポーツの歴史において、最もエキサイティングな時代のひとつであった。
 
オーストリアのグルクターラー・アルプス西側に位置し、最大勾配23%を誇るトゥルラッハー・ヘーエが今回の撮影舞台だった。ヨーロッパでも有数の傾斜地で、かつてアウディ・クワトロをテストした場所でもあった。クワトロのセ堡亮廈 は今から40年前、1980年3月3日にジュネーヴ・モーターショーでお披露目された。雪が積もるトゥルラッハー・ヘーエにクワトロのプロトタイプを持ち込み、アウディのエンジニアは四輪駆動のスポーツクーペの優位性を関係者に披露した⋯。タイヤチェーン未装着で。

もっと写真を見る
 
そうした逸話が残る場所で、クワトロのステアリングを握った私は、ヨルク・ベンジンガーやヴァルター・トレザーなどと、アウディの開発チームに在籍していたローラント・グンペルトと落ち合う約束をしていた。彼らが現代のアウディの礎となったドライブトレイン「クワトロ」を創り上げたといってもいい。まさにアウディのスローガン「Vorsprung durch Technik」(技術による先進)の通りだ。そして、ラリーにおいて四輪駆動を採用しないマシンは敗退していった。ライバルメーカーもアウディに触発され、四輪駆動がセダン、クーペ、ステーションワゴン、SUVなど幅広く展開されていくことになった。今日、アウディが販売する車両の実に45%がクワトロである。ライバルに目を向けてみればメルセデス・ベンツには4マチック、BMWにはXドライブ、ジャガーでさえAWDと、各社が四輪駆動をラインナップしているが、アウディのクワトロほどの存在感はない。
 
VW帝国のなかでもド変りでちょっと高級 という、かつてのアウディの立ち位置からの脱却はクワトロと無縁ではない。それどころかこの10年強、アウディは世界有数の高級車メーカーとなっている。にわかに信じられないだろうが、軍用オフロード車両にインスパイアされたクワトロを造っていなかったら、今のアウディはなかっただろう。初代クワトロは個性豊かであり、風変りであり、スリルに溢れた5気筒ターボエンジンを搭載し、アウディのアイコンとなった。このグ貂鋺イ世韻妊▲Ε妊にとっての象徴が誕生した。

 
軍用オフロード車両とはなにかと思われた方もいるだろう。この車両は、2ストローク・エンジンを搭載していたDKWムンガを祖先に持つ、VW イルティスだった。(MUNGA)はドイツ語でMehrzweck UNiversal Geländewagen mit Allradantrieb(全輪駆動多目的車両)の頭文字をとったものだ。
 
DKWといえばアウトウニオンの一員で1956年から68年かけて生産され、アウディは1932年からアウトウニオン傘下に収まっていた。なお、私たちが今日知るアウディは、メルセデス・ベンツが1958年から筆頭株主だったアウトウニオンの一切の権利や工場をVWに売却した1965年、インゴルシュタットで産声を上げた。当初、VWはインゴルシュタットの工場を活用してビートルの増産を目論んでいた。
 
アウディの歴史はこのくらいで抑えておこう。私がステアリングを握る1982年式のラサグリーンのクワトロとともに、イルティスも持ち込んでいた。テストコースは、トゥルラッハー・ヘーエの雪がほとんどない麓からスタート。頂上に近づくと高度は1800mに達し、路面に積もった雪は厚く永久凍土のような雰囲気すら漂う。スキー場のゲレンデ脇では、凍った湖面では人々がソリで遊んでいる。気温はマイナス10度で風が吹くと顔が凍てつく。幸いにも晴天に恵まれ、日差しがあるうちは温かいような気にさせてくれる。
 
当時のVWやアウディのみならず、ポルシェ924や944でも使われていたのと同じドアハンドル内側のレバーを引くと、ゥチャッ という独特な音ともにドアが開く。ダッシュボードやドア周りは基本的に茶色で統一されており、チェック柄のベロアシートに腰を下ろす。目の前にはアウディのゥ侫ーリングス がエンボス加工された細い本革巻き4本スポーク、リアウィンドウには「Quattro」とエッチングされた文字が見える。それ以外は基本的にはアウディ80といってもいいだろう。直線基調のインテリアはギッチリと作り込まれているが、1970年代頃にルーツをたどるデザインを隠しているかのようだ。
 
2.1リッター 直列5気筒ターボエンジンは、独特なサウンドで自己主張する。ちょっと硬めの感触の1速に入れ、VWポロやポルシェでおなじみのウィンカーレバーを操作して発進。走行中、数台のFR車が凍った路面で苦戦している姿を見かけたが、クワトロはウィンタータイヤのおかげでスリップする気配をまったく感じない。クワトロは雪道をいとも容易く走らせてくれ、強力なヒーターの存在もありがたい。凍てつく路面で本領を発揮・・・次回へ続く