岩手で新たな感染者 県外での単身赴任から戻り発症

写真拡大

 岩手県北上市内の40代の男性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。岩手県内での感染者は4人目です。

 岩手県内で新たに感染が確認されたのは、県外に単身赴任している北上市の40代の男性です。男性は先月26日、名古屋空港から花巻空港に移動してその後に帰宅、翌日37.1度の発熱があり、自宅待機していました。そして、31日にPCR検査で陽性が確認され、男性は発熱とせきの症状があり、入院しています。岩手県内での感染者は4人となりましたが、この男性はこれまでの感染者3人とは接点がないということです。県は男性の濃厚接触者を家族2人とみていて、今月1日中にPCR検査を行う予定です。