江戸川区の公衆トイレのせっけんが強酸性の液体にすりかわる 事件性はなし

ざっくり言うと

  • 6月、江戸川区の公衆トイレの液体せっけんを使った男性が手に異常を感じた
  • 液体は強酸性だったことが判明したが、警察は事件性はないと判断したそう
  • 業者の従業員が誤って強酸性の洗浄液を補充した可能性があるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x