ラブコメ小説「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」project No.9制作でTVアニメ化

写真拡大 (全2枚)

(C)しめさば・KADOKAWA/『ひげひろ』製作委員会

しめさば氏の人気ラブコメディ小説「ひげを剃る。そして女子高生を拾う。」(KADOKAWA刊)のテレビアニメ化が決定した。アニメーション制作は「りゅうおうのおしごと」「私、能力は平均値でって言ったよね!」のproject No.9が担う。2019年には、同作のアニメ化企画が進行中であることが報じられていた。

シリーズ累計70万部を超える原作は、小説投稿サイト「カクヨム」で「剃り残した髭、あるいは、女子高生の制服」のタイトルで連載されていた作品の書籍化。さえない26歳のサラリーマン・吉田が、家出女子高生の沙優(さゆ)と出会い、「ヤらせてあげるから泊めて」とまで言う彼女の考えを改めさせるべく同居生活を送る姿をほのぼのと描く。2人の暮らしにタイムリミットが迫る単行本最新第4巻は8月1日に発売予定。

アニメ版メインスタッフは、監督を上北学、シリーズ構成を「超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!」の赤尾でこ、キャラクターデザインを「天使の3P!」の野口孝之が担当する。吉田と沙優のアニメ版キャラクター設定ラフも公開されている。