完全ワイヤレス(TWS:True Wireless Stereo)イヤホンを充電ケースごとなくしてしまった――そんな消費者にとっては朗報です。Xiaomiがスマートフォンに収納するワイヤレスイヤホンを開発しているようです。

スピーカー代わりにもなる

Xiaomiの特許は1月に世界知的所有権機関(WIPO)に登録されたもので、スマートフォンとワイヤレスイヤホンの2つの特許から成っています。特許に詳しいニュースサイトLetsGoDigitalが特許をもとに公開した画像からも分かるように、スマートフォン上部の左右に穴が開いており、イヤホンを収納することができます。
 

 
ただでさえスマートフォンの内蔵スペースは限られているのに、イヤホンを収納する余裕がないと考える向きもあるかも知れません。事実、過去にGalaxy Note7がリコール騒ぎになった際は、無理にパーツを詰め込んだことが発火の原因になったといった指摘が早い段階から出ていました。
 
しかしLetsGoDigitalによると、特許ではイヤホンが収納時にスピーカーの役目を果たすそうです。取り外せばワイヤレスイヤホンに、収納すればスピーカーに早変わりとは画期的なアイデアではないでしょうか。
 
ワイヤレスイヤホンを収納する前例はありませんが、アクセサリーをスマートフォンに収納するアイデア自体は、スタイラスペンが特徴のGalaxy NoteシリーズでSamsungが採用しています。現時点では特許の段階に留まっており、必ずしもXiaomiが製品化するとは限らないものの、実現を待望する声は決して少なくないでしょう。
 
 
Source:LetsGoDigital(Google翻訳)
(kihachi)