ナッソーSを制したファンシーブルー(左)【写真:Getty Images】

写真拡大

ディアドラ出走で注目を集めたナッソーSで2つ目のG1タイトル獲得

 競馬の英G1ナッソーS(芝1980メートル)が30日、グッドウッド競馬場で行われ、連覇を狙った日本のディアドラ(牝6、栗東・橋田満厩舎)は7着。一方で、勝ったのはディープインパクト産駒のファンシーブルー(牝3、愛国)だった。父の命日に飾ったG1制覇を海外メディアも動画付きでレポートし、「ディープインパクトの思い出の下、亡き父の命日に勝利した」と伝えている。

 天から父が見守る中、ファンシーブルーが力強く抜け出した。7頭立ての2番手につけた3歳馬は直線に入ると、鋭い末脚で加速。ラスト1ハロンで先頭に立つと、最後は外から迫ってきた他馬の追撃にもうひと伸びを見せた。そのまま先頭でゴール板を駆け抜け、仏オークスに続いて2つ目のG1タイトルを手にした。

 ディアドラが出走し、日本でも注目を集めた一戦。しかも、この日は昨年死んだディープインパクトの命日だった。海外競馬専門サイト「ワールド・ホース・レーシング」公式ツイッターは「ディープインパクトの思い出の下に、ファンシーブルーがG1ナッソーSで亡き父の命日に勝利した」と紹介した。

 英競馬番組「レーシングTV」の公式ツイッターは「ディアドラではなく、今は亡きディープインパクトが今年のナッソーSの勝ち馬の親としてその名を刻んだ」とレポート。また、公式サイトでは管理するドナカ・オブライエン調教師のコメントを紹介し、日本行きに前向きな様子を伝えている。

「ファンシーブルーのレースには本当に満足していますし、よくやってくれたと思います。状態は素晴らしく、すべてがプラン通りに進んでくれました。自信はありました」と振り返ったオブライエン師。今後については2週間ゆっくりさせるといい、その先については「ブリーダーズカップか、11月中旬に日本のエリザベス女王杯か、どちらかに出走するでしょう」と語った。

 さらに、騎手時代にディープインパクト産駒の英G1馬サクソンウォリアーに騎乗しているオブライエン師は「きっと、日本のファンはファンシーブルーの姿を目にすることを心待ちにしているでしょう。サクソンウォリアーに騎乗した時から、そのことは分かっていましたし、日本に行きたいという気持ちは常にありました」と明かしたといい、今後の動向が楽しみだ。(THE ANSWER編集部)