朝乃山に勝ち優勝が見える照ノ富士 番付が下がり引退を考えた時期も

ざっくり言うと

  • 大相撲七月場所13日目で、照ノ富士が朝乃山を下し、単独トップに立った
  • 2015年に大関に昇進し14場所を務めたが、けがなどに苦しみ2017年に陥落
  • 一時は序二段まで番付を下げ、引退を考えたこともあったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x