アプデ後で特に問題が出ていないなら

前回は、WSL 2を使用するために「Windows 10 version 2004」に手動でアップデートする方法を紹介した。

このところ、MicrosoftはWindows Updateやフィーチャーアップデートを適用したユーザーから不具合報告を受けることが増えている。「Windows 10 version 2004」にアップデートしたユーザーからも不具合が報告されている。こうした不具合は今後のアップデートで解消される見通しなので、それまではロールバックして前のバージョンを使い続けるというのが基本的な対策となる。

逆に、「Windows 10 version 2004」にアップデートして問題が発生していないなら(もうロールバックする必要がないなら)、以前のバージョンを削除することでストレージの空き容量を増やすという方法を取ることができる。ストレージサイズの小さいノートPCを使っているとか、仮想環境で利用しているといった場合、こうした空き容量の確保が効いてくる。

Windows 10で以前インストールされていたバージョンを削除してストレージ空き容量を増やす方法は複数ある。今回はその方法を紹介する。

作業前のCドライブの使用量

参考までに、削除作業を行う前のCドライブの使用量を上記に示しておく。ここでは36.8GBが使われている。

設定アプリ 記憶域(一時ファイル)

設定アプリケーションを起動し、「システム」を選択する。

設定アプリケーション→システム

「記憶域」→「一時ファイル」を選択する。

記憶域→一時ファイル

「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れてから「ファイルの削除」をクリック。

「以前のWindowsのインストール」にチェックしてから「ファイルの削除」をクリック

削除後のCドライブの使用量

9.7GBほど空き容量が増えたことが確認できる。

設定アプリ 記憶域(ストレージセンサー)

設定アプリケーションを起動し、「システム」を選択する。

設定アプリケーション→システム

「記憶域」→「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」を選択する。

記憶域→ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する

「以前のバージョンのWindowsを削除する」にチェックを入れてから「今すぐクリーンアップ」をクリック。

「以前のバージョンのWindowsを削除する」にチェックを入れてから「今すぐクリーンアップ」をクリック。

削除後のCドライブの使用量

9.6GBほど空き容量が増えたことが確認できる。

ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップを起動し、「システムファイルのクリーンアップ」を選択する。

ディスククリーンアップ→システムファイルのクリーンアップ

「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れてから「OK」をクリック。

「以前のWindowsのインストール」にチェックを入れてから「OK」をクリック

削除後のCドライブの使用量

9.6GBほど空き容量が増えたことが確認できる。

空き容量を増やしてその分をLinuxに回す

上記3つの方法で行われる内容はほとんど同じだ。実施前と実施後のCドライブの使用量を比較すると、次のようにどの方法でも10GB弱ほど空き容量が増えたことが確認できる。

WSLやWSL 2でLinuxを使う場合、それだけディスクが消費されることになる。Windows 10 version 2004にアップデートして以降特に問題が発生していないのなら、削除して空き容量を増やし、その分をWSLやWSL 2で使うことができる。

ただし、最初にも説明したように、このところMicrosoftはWindows Updateやフィーチャーアップデートで不具合の発生を続けている。不具合の発生が不安ならしばらく以前のWindowsは残しておき、いざという時にロールバックできるようにしておいたほうがよいだろう。