セブン‐イレブン・ジャパンは7月29日、レジ接客の時間を短縮する取り組みの一環として、会計操作の部分を利用者が行うレジの仕組み「お会計セルフレジ」を、9月以降順次、全国のセブン‐イレブン店舗に導入すると発表した。

「お会計セルフレジ」は、レジ接客業務において「会計」の部分を利用者に実施してもらうもの。利用可能な決済方法は、現金、クレジット/デビット、各種バーコード決済、nanaco、交通系電子マネーなど。

既存のPOSレジスターを活用しながら、現金会計用の精算機やカード読み取り端末を設置

利用者自身が決済方法を選択し、会計を行う

「お会計セルフレジ」は、利用者がレジに並ぶ時間の短縮、従業員のレジ接客に対応する時間の短縮と作業効率化を目的として導入される。新型コロナウイルスの感染防止対策としても、従業員が現金に触れずに接客が可能となる点で効果的としている。

一部テスト店舗で検証に基づく、セブン‐イレブンの平均的な売上・客数の店舗における見込み計算値から、1日当たり約7時間分のレジ接客時間を削減可能だという。