米国で初めてコロナ陽性が判明した犬が7歳で死ぬ 死因は不明

ざっくり言うと

  • 米国で初めて新型コロナ陽性となった犬が11日に7歳で死んでいたことが判明
  • 死因が新型コロナの合併症か、血液のがんであるリンパ腫かは不明とのこと
  • 新型コロナは飼い主から感染した可能性が高いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x