鷲見玲奈インタビューカット集はこちら>>

 札幌開催の名物重賞のひとつ、GIIIクイーンS(札幌・芝1800m)が8月2日に行なわれる。

 過去10年の結果を見てみると、1番人気が5勝、2着2回、3着1回、着外2回と安定した強さを誇っている。とはいえ、決して「堅いレース」とは言えない。

 なにしろ、3連単の配当が2018年以外は、すべて万馬券。好配当がしばしば生まれているのだ。2016年には、1番人気のシャルールが2着に入ったものの、9番人気のマコトブリジャールが金星を挙げて、3着にも11番人気のダンツキャンサーが突っ込んできて、39万7120円という高額配当が飛び出した。

 そうした過去を踏まえれば、今年も穴狙いに徹してみるのも悪くない。そこで、過去10年の結果を参考にして、今回のレースで波乱を起こしそうな伏兵馬を探し出してみたい。

 まず面白そうなのは、格下となる条件クラスの馬だ。

 いい例となるのは、2012年に10番人気で2着に突っ込んできたラブフール、2013年に8番人気で2着に入ったスピードリッパー、2015年に4番人気で3着となったイリュミナンス、2019年に9番人気で3着に入線したカリビアンゴールド。いずれも、1600万下(現3勝クラス)の身でありながら、格上挑戦で見事に結果を残した。

 こうした状況を鑑みて、今年も条件クラスの馬を狙ってみてはどうだろうか。出走メンバーを見渡してみると、その候補となる馬が1頭だけいた。

 ナルハヤ(牝6歳)である。

 条件馬ゆえ、上位人気にはならないだろうが、先に例を挙げたとおり、決して侮ることはできない。しかも、ナルハヤは2走前の3勝クラス・パールS(5月16日/新潟・芝1800m)で2着と好走したあと、格上挑戦となった前走のGIIIマーメイドS(6月14日/阪神・芝2000m)でも勝ち馬からコンマ4秒差の4着と奮闘している。

 すでに重賞でも通用する力を見せているナルハヤ。過去の激走を果たした条件馬と同じく、ここで一発かましてもおかしくない。

 続いてピックアップしたいのは、前走で重賞やオープン特別を勝利、あるいは馬券圏内(3着以内)に好走していながら、人気薄となった馬である。なぜなら、過去にそうした馬が好配当を演出しているからだ。

 たとえば、2014年に2着となったアロマティコ。同馬は、前走でオープン特別の巴賞(函館・芝1800m)を勝っていながら、6番人気と伏兵の一角にすぎなかった。

 他にも、2016年に勝利したマコトブリジャールは、前走でGIII福島牝馬S(福島・芝1800m)を勝っていながら、9番人気の低評価に甘んじていたし、同年に3着となったダンツキャンサーも、前走のオープン特別・安土城S(京都・芝1400m)で2着と好走していたが、11番人気という超人気薄の存在だった。

 さらに、2017年に3着と善戦したクインズミラーグロ(8番人気)、2018年に2着となったフロンテアクイーン(4番人気)、2019年に2着に入ったスカーレットカラー(5番人気)も、それぞれ前走の重賞で2着、2着、3着という結果を残していたが、人気上位に推されることはなかった。



クイーンSでの激走が期待されるカリビアンゴールド

 こうした例から、今年も前走の重賞やオープン特別で3着以内に入りながら、低評価にとどまりそうな馬を狙いたい。そして今回、このパターンにハマるのは、カリビアンゴールド(牝6歳)だ。

 同馬は前走の巴賞(7月5日)で3着と善戦しているが、重賞勝ち馬や重賞戦線で健闘している馬が集うここでは、さすがに伏兵の域を出ない。しかしながら、過去の例からして、軽視するのは禁物だ。

 第一、カリビアンゴールドは、昨年のクイーンSでも9番人気で3着と穴を開けている。北海道の洋芝適性も高いゆえ、再度の激走を期待したい。 夏競馬に突入して、重賞や特別戦では波乱が続出している。1番人気が強いクイーンSとはいえ、今年は思わぬ結果が待ち受けているかもしれない。そんな結末をお膳立てする馬が、ここに挙げた2頭であっても不思議ではない。