自身も”緊急事態宣言”中の金正恩

写真拡大 (全4枚)

高熱を伴う肺炎患者がすでに数百人死亡し、国際社会の協力は不可欠

 7月26日、金正恩は党政治局非常拡大会議を緊急招集。非常事態を宣言し、特級警報を発令した。「新型コロナとの戦争」を宣言して世界を驚かせた。新型コロナに感染した脱北者が軍事境界線を越えて開城(ケソン)市に入ったことを受け、北朝鮮全域に感染が拡大するリスクに備えてのものと説明されている。北で博士号を取得した専門家・金興光(キム・フンガン)氏が、いまそこで何が起こっているのかについて、そして、脱北したのに今回敢えて北に戻った青年との面会の記録を披露する。

 ***

 北朝鮮で45年間暮らした私ですら非常事態宣言など初耳ですが、この宣言自体、色々と辻褄が合わないものなのです。

自身も”緊急事態宣言”中の金正恩

 労働新聞の報道によると、脱北者が新型コロナを開城市に広めたため、そこから全土に拡散する可能性があるという説明になります。

 これはデマです。脱北者は18日に南北軍事境界線を越えて来たとのことですが、警備に当たる軍人との接触はありませんでした。そもそも脱北者が軍事境界線を越えて自首せずに市内を歩き回れば逮捕され、スパイとして処刑される可能性があるのは初歩的な常識です。しかも今回、脱北青年は開城市の保衛司令部をまっすぐ訪れており、新型コロナを拡散する可能性は低いといえます。

 かねて北朝鮮は感染者がいないと言い張ってきましたが、実は、高熱を伴う肺炎患者が数百人死亡し、騒ぎになっています。事実を明らかにし、国際社会の協力を受け入れない限りコロナ対策は立ち行かなくなっている。

開城市の目抜き通り

 それでも北朝鮮による中朝国境封鎖は続いており、新型コロナ感染対策に一日の長がある中国からの専門家すら受け入れていません。というのも、中国の専門家を受け入れることで、中国を通じて感染が拡大したことが明らかになり、むしろ後見人の中国に迷惑をかけることになりかねないからです。

休戦の日に然るべき動画がない金正恩の健康不安

 そこで、脱北者が開城市の保衛司令部に自首した事件を悪用し、新型コロナの感染経路が韓国からであることを既成事実化したのです。

 かねてよりの経済制裁、折からの新型コロナによって社会統制が進んで国内経済は疲弊。金正恩と北朝鮮体制に対する国民の不満と批判が日増しに高まっているようです。

側近たちはピストルを手に威勢はよいが…

 開城市は開城工業団地が稼働している頃は、北朝鮮の中でも生活しやすい都市でしたが、今では中朝国境から最も離れた貧困に喘ぐ街に転落しています。

 金正恩不在の中で実権を握る妹の金与正は、この事実が全土に知れ渡るのを恐れ、新型コロナ感染にかこつけて開城市を封鎖し、国家保衛省と朝鮮人民軍保衛司令部を動員し、前代未聞の都市浄化作業を行っているとのことです。

 北朝鮮にとって7月27日は休戦67周年。前例のない祝賀ムード作りをしていました。この休戦協定締結日でのメインイベントは、朝鮮戦争に出征した老兵を労う「全国老兵大会」。2017年に開催された際には金正恩も出席して老兵たちと記念撮影を行っています。

せっかく泳いで脱北したのに、敢えてまた泳いで北に戻った青年、キム・グンヒョク

 しかし今回は、金正恩がこの大会に出席し、3年前のように老兵たちを直接労ったという事実も、それを伝える動画も見当たりません。代わりに、党中央政治局非常拡大会議に出席したという報道により、その健在ぶりを立証しようとした。また27日未明、軍幹部とともに、人民軍烈士の墓参を行ったとして数枚の写真を公開したのですが、いずれも健康不安説を払拭するには全く十分ではありません。

泳いで脱北した若者が、再び泳いで北に戻るまで

 さて、今回の当事者である脱北男性はキム・グンヒョクさんと言います。彼は7月27日、漢江河口を泳いで再び北朝鮮に戻りました。

 今年で24才になる彼は開城出身。3年前、開城の白馬山から見える韓国の夜景が“眩しく”て、友人と一緒に5時間も泳いで韓国に脱北したのです。

 ソウルに来て持病も治療、大学入試の準備をしながら希望に満ちあふれていたはずの若者が突然、北朝鮮に戻った……。このニュースには脱北者のみならず韓国の人々も首を傾げています。なぜ彼は北朝鮮へ戻る選択をしたのでしょうか。

 知人らの証言によると、特別な関係にあった知人女性に性的暴行を加え、警察から調査を受けている最中であったとのことです。韓国の刑務所に行きたくないため、北朝鮮へ戻る道を選んだということになりますが、本当にそうでしょうか。

 北に戻る前、キム君はマンションを解約し、車を売ってお金を工面していました。金さえあれば故郷で減刑されると思っていたのでしょうか。

 そんなことはありません。北朝鮮では民族反逆者、脱北者に対して、5〜10年の厳しい刑が待っていることを彼が知らないはずがない。

 刑に服すなら韓国か北朝鮮か。彼が選んだのは北朝鮮です。しかし、北朝鮮の教化所(刑務所)で懲役に服し、五体満足で戻って来た囚人はいません。矯正環境が劣悪なだけでなく、毎日のようにきつい労働と教導官による無差別殴打、体罰がある。最小限の食事しか与えられずに栄養失調になり、下手をしたら命を落とす。最後まで生き残って出所できたときの安堵は格別なものがあると体験者たちはみな言いますけれど、そうだとしても、その後は「脱北した不穏分子」のレッテルを貼られ、幸せな人生を送れるとは思えません。

 一方、韓国の刑務所では自由が制限されているとはいえ、衣食住は保障され、領置金さえあれば必要な物は手に入る。いわば宮殿監獄生活を送ることができます。

自由世界を生きるのに必要な知恵とノウハウが彼にはなかった

 もっとも、同世代の脱北青年たちと話してみると、彼が愚かで荒唐無稽な行動をした動機について、少し分析することができました。

 彼はソウルに近い開城から衝動的に脱北したため、2〜3か国を経由して韓国にやってきた脱北者とは、自由に対する渇望の度合いが違います。そして、韓国社会に縁故がなく、配偶者もいない中で、淋しさと孤独が募り、自身の欲求をコントロールできず、性的暴行に至ったということのようです。

 私は1度だけキム君に会ったことがあります。私自身の韓国定着体験を話してほしいと脱北青年の読書会に招待されたのですが、そこで会ったキム君は内気でハンサムな青年でした。泳いで韓国に来たという彼の脱北体験がユニークで、私のYouTubeチャンネルに招待しようと出演交渉したものの、恥ずかしいからと断られました。

 キム君が泳いで北朝鮮に戻ったというニュースを聞いたとき、彼の言葉を思い出しました。

 なぜ韓国に来たのかという問いに、「おぼろげに見える金浦を眺めていると、薄暗い開城は地獄のようでした。そこで友達と一緒に、死ぬ前に素敵な所に行ってみようと思い、漢江を泳いで南に来ました」

 キム君の両親は北朝鮮では比較的豊かな階層で、他の家ではトウモロコシを食べていても、彼はそれなりの食事ができていたとのことです。

 多くの北朝鮮国民が苦しむ飢えを知らず、きらめく灯りを見て衝動的に脱北。しかし、韓国の生活がいくら豊かで自由であっても、自由世界を生きるのに必要な知恵とノウハウが彼にはなく、馴染めないままいたずらに時間が過ぎていったのです。

 彼が集めたのは4万ドルもの大金です。北朝鮮に到着後、保衛司令部に自首する前にこれを隠しておけば、服役後の幸せな人生のために使えると打算が働いたのかもしれません。あるいは賄賂を贈って減刑の便宜を図ることも考えたでしょう。

 もちろん、これは甘い考えです。教化所に行って戻ってきても、所持金はすでに誰かに奪われているに違いない。

 キム君の事例を通じて、韓国政府は脱北者の定着について再考すべきだと思います。北朝鮮と違う社会、価値観の中で生き抜く知恵をつけさせるため、何らかの政策的制度改革が必要なときです。政府が脱北者全員をケアするのは非現実的ですから、脱北者同士が互いに助け合うメカニズムを作るべきでしょう。

金興光(キム・フンガン)
北朝鮮の平壌金策工業総合大学電子工学卒業後、咸興共産大学で博士号を取得。2003年に韓国へ脱北し、2006年には韓国政府内の統一部北朝鮮離脱住民後援会課長を経て現在、(社)NK知識人連帯の代表を務めながら韓国内で対北専門家としてTV、新聞、YouTubeなどで活躍中。http://www.youtube.com/c/NKtv3

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月31日 掲載