藤浪晋太郎、熱投も不運に泣く…援護なく守備も乱れ、白星ならず

ざっくり言うと

  • 阪神・藤浪晋太郎が30日のヤクルト戦に先発登板した
  • 115球を投げ、7回10奪三振と躍動感のある投球を見せた藤浪
  • だが、打線の援護はなく守備の乱れもあり、670日ぶりの勝利はならなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x