スターバックス コーヒー ジャパンは7月30日、東京・銀座に「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」をオープンすると発表した。働く人のための「夢中になれる場所」をコンセプトにした店舗の2階は、ビジネス利用を意識し、Think Labと共に創り上げた空間となっている。

具体的には、予約可能なブース席やミーティングスペースなどビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE」と、アイウエアブランドJINSの集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存している。

「スターバックス コーヒー CIRCLES 銀座店」の構造

「Co-Work(コワーク) by Starbucks」のエリアには、テレビ電話などに適した予約できる半個室のブース席と複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席がある。

ブース席は40分単位で予約でき、事前の確保も可能。また、窓際のテーブル席はテーブルを組み合わせることで、2〜12人のミーティングや商談、ディスカッションが行える。

「Co-Work(コワーク) by Starbucks」のブース席

「Solo-Work(ソロワーク) by Think Lab」のエリアには、誰とも目線が合わず、他人の動きが気にならない導線によるパーソナルな空間が設けられている。この空間は、植物、自然音、気温・湿度、照明、オリジナルアロマなど、エビデンスに基づくソロワークに必要な五感要素によって整備されている。Think Labでは、予約・解錠・決済を一括で行うスマホアプリ「Think Lab」が用意されており、15分単位での席予約が可能。

Think Labのブース席