ジョージ王子とシャーロット王女は、“ヘンリーおじさん”からのプレゼントを心から楽しみにしているに違いない! 王室担当記者のオミド・スコビーとキャロリン・デュランは、近く発売される共著書『Finding Freedom(自由を求めて)』のなかで、ヘンリー王子が甥のジョージ王子と姪のシャーロット王女にどのようなプレゼントを贈っていたかを明らかにしている。

ヘンリー王子とメーガン妃に関する秘話をつづったこの伝記によれば、ウィリアム王子とキャサリン妃、子どもたちが暮らすケンジントン宮殿にあるアパートメントに住んでいた頃、ヘンリー王子は幼い甥と姪にそれぞれ、最上級のプレゼントを贈ったとのこと。ジョージ王子にはSUVの電気自動車、シャーロット王女には三輪車をプレゼントしたという。

また、『サン』誌が報じたところによれば、ヘンリー王子はルイ王子の洗礼のお祝いには、価格およそ8,000ポンド(約100万円)とされるA・A・ミルンの『Winnie-The-Pooh(クマのプーさん)』の初版本を贈ったそう!

このとき関係者の一人は同誌に対し、ヘンリー王子の子どものころの最も幸せな思い出の一つは、寝る前に母ダイアナ妃に本を読み聞かせてもらったことなのだと明らかにしていた。

「ヘンリー王子には、ルイ王子とシャーロット王女、ジョージ王子が成長するなかで楽しむことができるよう、初版本の小さなライブラリーを作ってあげるという素晴らしいアイデアがあったのです」

一方で、ジョージ王子の名付け親でもあるダイアナ妃の友人、ジュリア・サミュエルは、同妃から影響を受けたプレゼントの選び方をしているそう。それは、ヘンリー王子の考えとはかなり異なるものと言える。

ジュリアは以前、出演したポッドキャストの番組で、ジョージ王子にあげた誕生日プレゼントについて、「本当に騒がしい音をたてて、作るのにも長い時間がかかる“あり得ない”おもちゃ」をあげたことを明らかにしている。それは、ダイアナ妃が考えつきそうなことを念頭に置いて選んだものだそう。

ジョージ王子は7歳の誕生日を迎えたばかり。今は遠く離れて暮らす“ヘンリーおじさん”から、今年はどんなプレゼントが届いたのだろう?

※この翻訳は抄訳です。

Translation:Hearst Contents Hub